学校復帰・社会復帰を目指して!「もう一度勉強したい」不登校・ひきこもりの方の学習支援 & 臨床心理士による親子カウンセリング・親御さんのコンサルティング

大学生・社会人の方へ

大学生の方の家庭教師

大学生の方が家庭教師を利用するケースは、多岐にわたります。

中学生高校生の方は、大きく分ければ主要五科目の補習と受験対策の2種類です。

大学生の方は、専攻によって学ぶ科目が大きく異なりますし、レポート提出や定期テスト、そして卒論など、自主的かつ専門的な学習の必要性もバラエティに富んでいます。

えむ心理研究室では、ニーズに応じて柔軟なスタイルで学習支援をさせていただきます。 直接面談もスカイプ指導も可能です。

例えば・・・

◆レポート作成

レポート作成に不安がある方には、より良いレポートを書くための指導をいたします。
文章作成法から章の立て方、理論の展開の仕方など、大学では学びきれないこともしっかりお教えします。

◆授業の理解

大学の講義(演習)をより深く正確に理解したい方には、教科書(指定図書)や講義プリントをいっしょに読みながら、用語解説や理解度チェックをしていきます。
難解だと感じられる授業も、しっかりわかるようにお手伝いします。
ノートの取り方や暗記方法なども、生徒様の個性に合わせて提案いたします。

◆卒論

卒論(卒業論文)の執筆に心配がある方には、納得いく卒論が書けるようにサポートいたします。
テーマの決定から仮説の構築、章構成、正しい引用の仕方など、必要に応じて指導いたします。

◆対応科目

心理学、社会学、歴史、文化、福祉、文学に関連する講義・演習
その他の文系科目もどうぞご相談ください。

大学や所属ゼミによってさまざまな学習があることと思います。
あなたの学びたい内容を具体的に教えていただければ、サポート方法などをお伝えいたします
→ えむ心理研究室 メールフォーム

 

 

大学生の方のカウンセリング

高校生までと比べて、交友関係がぐっと広がる大学生活。
キャンパスライフをあなたらしく満喫するために、メンタルのサポートをいたします。

 

◆キャンパスライフ改善カウンセリング

あなたの思い描くキャンパスライフに近づくために、自己分析的なカウンセリングをいたします。
人と話すのが苦手なのを少しずつ会話がラクになるようにするなど、性格の調整なども含みます。

◆社会生活のためのカウンセリング

大学生になると、アルバイトやサークル活動もある程度自由にできるようになります。
アルバイトを辞めてしまいたくなったとき、サークルで友だち関係のいざこざが起こったとき、
後悔しない対処ができるようにする・・・そのためのカウンセリングです。
多角的に物事を見たり、適切なタイミングで発言したり、できるようにしていきます。
また、社会において「どうするのが良いかわからない」といった迷いにも、いっしょに考えて答えを出していきます。
あなたらしい「社会生活への適応」を応援します。

◆親子関係改善カウンセリング

大学を卒業したら、大学院などへ進学するにせよ就職するにせよ、「自立」は避けて通れない課題です。
保護者との距離感に不安がある方にとって、大学生活というある程度余裕のある期間は、自立について考える非常に良い機会です。
自分の中の「甘え心」を見つめたり、過干渉・過保護な親御さんと向き合ったり等、親子関係の改善を目指す方を応援いたします。

◆自己分析カウンセリング

就活のための自己分析です。
自分とはどういう人間なのか、広く深く考えていきます。
適職を見つけるのにも役立ちますし、心が成長していくのを実感できるでしょう。

上記のカウンセリングは一例です。
その他、お悩みや目的に応じてカウンセリングさせていただきます。
どうぞお気軽にご相談ください → えむ心理研究室 メールフォーム

 

 

社会人の方の家庭教師

社会人になってから、「新たな目標を持った」「学び直したい」という方は非常に多くいらっしゃいます。
えむ心理研究室では、あなたの目標到達をサポートいたします。

お勤め先・ご自宅のそばのカフェで面談したり、東京・埼玉以外にお住まいの方にはインターネット(スカイプ)のビデオ通話機能を利用したり等、柔軟なスタイルで勉強のサポートをさせていただきます。

社会人の方のための学習支援は、次のようなケースで活用していただいています。

 

◆基礎学力アップ

社会に出てから基礎学力の不足が身にしみる方がたくさんいらっしゃいます。
社会人として必要な基礎学力(小学校・中学校レベルの算数・国語・英語の一部)がわからないと、職場やプライベートの対人関係で苦労することがあります。

社会人として必要な基礎学力とは、例えば、

・英単語、外来語など英語由来の意味の理解
・比喩や言い回しなどの少し難しい日本語の意味や使い方
・ニュースに出てくる用語の意味の理解
・買い物などに必要な割合や百分率の理解

・・・などがあります。

人間関係を円滑にするために、また、自信をつけるために、基礎学力の補強のサポートをいたします。

◆資格取得

社会に出てから資格を取ろうとしている方、あなたのやる気を応援いたします。

医療・心理・福祉関係の資格取得のための勉強に関しては、
資格試験の合格に必要なスケジュール設定や教材選びから、科目によっては用語の解説なども行います。

◆社会人入試対策

大学や大学院への社会人入試を目指す方、合格のための勉強をサポートさせていただきます。

特に、心理学系の大学・大学院を志望している方のご指導には自信があります。

大学の社会人入試合格を目指す方には、志望事由書、小論文、面接の指導をいたします。

大学院の社会人入試合格を目指す方には、志望自由書・研究計画書、英語、専門科目、小論文、面接の指導をいたします。

◆企画書などの書類作成

企画書やレポートなど、職場に提出したりプレゼンで発表したりする書類の執筆をサポートいたします。

ライターと臨床心理士の経験を活かし、読む人聴く人の心に届く文章が書けるように支援します。

また、発想力が必要な書類には、ブレインストーミングやコンサルティング的な面談も行います。
カウンセリングの手法を活用して、あなたのこれまでの知識や経験、想像力を目いっぱい引き出すための時間を提供いたします。

人によって、多種多様な目標や悩みがあると思います。
あなたの目標やお悩み、お気軽にご相談ください → えむ心理研究室 メールフォーム

 

 

社会人の方のカウンセリング

会社員の方、子育て中のお母さん・・・
社会人の方の、立場ごとの悩みを解決するためのカウンセリングをどうぞご利用ください。

外出が難しい方、お仕事などが忙しい方のために、早朝深夜の時間帯の面談も承っております。

カウンセリング場所は、ご自宅(訪問カウンセリング)、ご自宅そばのカフェ、勤務先そばのカフェなどをご利用いただけます。
(一部のカウンセリングメニューではご利用いただけない場所もございます。詳しくはお問合せください)

スカイプを利用したオンライン・カウンセリングも好評です。

社会人の方のカウンセリングは、次のようなケースで効果的です。

 

◆職場の人間関係改善カウンセリング

長い時間を過ごす職場で、対人関係の悩みがあると本当に毎日が憂鬱ですよね。
抑うつ状態を長引かせないために、カウンセリングが有効です。

まずは、なかなか人に言えない職場の事情を吐き出してください。
心が整理されてきたら、職場の人間関係がどうしたらよくなるか、いっしょに考えていきましょう。

心理パターンや対人関係パターンを分析することで、職場の人間関係が把握でき、気分がラクになります。

管理職の方は、2015年から職場のストレスチェックが始まりますのでさらに気がかりなことが増えることとお察しします。
部下との接し方についてのカウンセリングおよびコンサルティング、承っております。
部下の方のパーソナリティを分析し、部下の方のやる気をアップするのに効果的な声のかけ方、部下の方のストレスを軽減する心配りの方法などを考える時間を提供いたします。

◆生活改善カウンセリング

大人の「ニート」や「ひきこもり」が増加しています。
当事者の方や、家族の方のご事情があることと思います。

できるだけ、当事者の方が本来なりたいと思うような社会人になれるように、心理的サポートをさせていただきます。

最初は家族の方のみの面談でも大丈夫です。
家族の方だけで抱え込まずに、まずはご相談ください。

◆人間関係改善カウンセリング

家族関係、親子関係、夫婦関係、友だち関係など、社会人には本当に多くの人間関係がありますね。

身近な人間関係の悩みを軽減することで、毎日のびのびと過ごすことができます。

また、大事な人との関係を調整すると、その人ともっと親しくなることができます。

個人カウンセリングだけでなく、家族カウンセリング、親子カウンセリング、夫婦カウンセリング、カップルカウンセリングなど、ふたり以上の方のカウンセリングも承っております。どうぞお気軽にご相談ください。

◆子育て支援カウンセリング

子育て中の方は、多大なストレスがかかります。
核家族化が進み、夫婦ふたりあるいはお母さんひとりで子育てをしなければならない環境になっています。

子育て中のお母さんのために、行政によるいろんな催しはあるものの、実際、お子さんがいるからおちおち外出もできない、といった方も少なくありません。

えむ心理研究室では、訪問カウンセリングやスカイプカウンセリングで、子育て中の方のメンタルケアをいたします。
東京北西部・埼玉南部には出張が可能です。

ストレスや悩み事で、保護者の方の心身がつらくなってしまうと、お子さんにも影響があります。
子育てをめぐってお父さんお母さんで意見が衝突することもあるでしょう。ご夫婦仲の険悪さが長く続けば、やはりお子さんに反映されます。

乳幼児がいらっしゃるご家庭でも大丈夫です。
赤ちゃんをあやしながらのカウンセリングも可能です。泣き出したら中断してもかまいません。いろんなご事情に対応させていただきます。

お子さん、そしてお父さんお母さんの心身を守るために、まずはお気軽にお問い合わせください。