学校復帰・社会復帰を目指して!「もう一度勉強したい」不登校・ひきこもりの方の学習支援 & 臨床心理士による親子カウンセリング・親御さんのコンサルティング

不安症状の強い引きこもりの不登校生さんの家庭教師とカウンセリング

不安症状がひどいけど、相談しながら勉強して進学したい・・・

不安障害と診断されたり不安感の強いうつ症状を伴ったりしている不登校のお子さんもとても多くいらっしゃいます。

不安感を強く抱きがちなお子さんは、真面目で賢い人が多いです。

真面目ゆえに、「しっかりしなきゃ」と完璧主義的になったり、
知的に高いゆえに、ちょっとしたことが気になり続けてしまったり、してしまうためです。

また、
不安症状の強い不登校のお子さんは、引きこもりがちになる傾向も強いです。

先述のとおり、
真面目な性格で頭の良いお子さんですと、
不登校になる前に、学校では成績も良く部活や委員会活動もがんばっていたことでしょう。

そのようなお子さんは、
周りから認められたりほめられたりすることも多く、
自然と自尊心を持ちプライドが高くなります。

適度な自尊心やプライドの高さは、社会生活に大いに良い影響をおよぼしますが、
不登校に関してはマイナスに働くこともあります。

真面目で賢いお子さんが、いったん不登校状態になると、
「今までの自分と全然違う」
「あんなにがんばれていたのに」
「あんなにほめられていたのに」
と、それまでの「輝かしい自分」とのギャップが大きくなります。

すると、
自信をなくして気持ち的にもふさぎこんでしまいますし、
人の目を気にしがちになりますので外にも出づらくなります。

そのために、引きこもりになりやすくなってしまうのです。

 

不安症状の強い引きこもりの不登校生の方の家庭教師とカウンセリング

不安症状が強い引きこもり状態の不登校のお子さんの場合は、
不安を軽減しながら少しずつ学習支援と相談を進めます。

たいていの場合、まずは不安感の軽減から始めます。

家族以外の人と会いづらく、
おうちに訪問しても緊張が先立って勉強やカウンセリングどころではない場合は、
メールやチャットなど直接会わなくても済むツールを使ってコンタクトを取り始めることもあります。

会えるようになったら、
ゆっくりと焦らずに家庭教師との勉強と臨床心理士とのカウンセリングをしていきます。

えむ心理研究室は、プロ家庭教師が臨床心理士の資格を持っていますので、
勉強のこともこころのことも、同じ人に相談するスタイルです。

家庭教師は家庭教師、カウンセリングはカウンセリング、と、
ふたりの先生とのコミュニケーションは必要ありません。

ひとりの先生とコミュニケーションを取っていけば良いので、
長い間不登校だったり引きこもりだったりする方には負担が少なくて済みます。

 

不安症状の強い引きこもりの不登校生さんの勉強方法

不安症状の強い引きこもりの不登校生さんは、
高認(高校卒業程度認定試験)や、専門学校進学、大学受験を目指すこともあれば、
不登校や引きこもりの経験を活かして福祉系や心理系の資格試験取得を目指す方もいらっしゃいます。

アルバイトやパートに出始める前に、
コミュニケーションの練習をしておきたいという方もいらっしゃいます。

希望する進路や生活状況によって、勉強内容も勉強方法も十人十色です。

「高認の資格を取って将来につなげたい・・・」
「引きこもりから心機一転、大学に通いたい・・・」
「不登校の経験を活かして、学校の先生になりたい・・・」
「不安だけど、バイトをして自信をつけていきたい・・・」

あなたの夢はきっと叶います。
メンタルケア&強化しながら、あきらめずに取り組みましょう。

えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「引きこもり」等に関する学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。