臨床心理士が勉強を教えます!「もう一度勉強したい」不登校の方とメンタルを鍛えながら各種受験を目指す方専門のプロ家庭教師

子どもが『学校に行きたくない』・・・休ませる?休ませない? 不登校初期における「親の葛藤」解決方法

子どもさんが「学校に行きたくない」と言い出したら

子どもさんが突然、「学校に行きたくない」と言い出した・・・
親御さんにとっては頭の痛い問題ですよね。

しかも、
子どもさんがさめざめと泣きながら「もう、学校に行きたくない」と言っていたら・・・

「休んでいいよ」と言ってあげたい気持ちと、
「行きなさい」と言いたい気持ちと、
親御さんには葛藤が生じると思います。
下手に休ませて、不登校になってしまっても・・・と悩むことでしょう。

 

「子どもの『学校に行きたくない』」親の葛藤の解決方法

子どもさんが「学校に行きたくない」と言い出したら、
どうしたら良いでしょうか。

まずは、理由を聞いてあげてください。

できるだけ、優しい口調で聞いてあげてください。

「どうして学校に行きたくないの?」

たいていの子どもさんは、学校に行きたくない理由を言うと思います。

その理由によって、
「休んでいいよ」と許可するか、
「行きなさい」と促すか、
考えましょう。

頭ごなしに「ダメ!行きなさい!」と叱るのでは、
子どもさんの真剣なSOSを見逃してしまう可能性があります。

 

「学校に行きたくない」
どんな理由なら休ませても良い?

とはいえ、
ご家庭によって、休ませても良いかどうかの判断は異なると思います。

どんなケースなら休ませても良くて、
どんなケースなら行かせたほうが良いか、
一概には言えませんが、休ませるか行かせるかの「目安」を述べたいと思います。

「休んでいいよ」と言って欠席させても良い場合

 

・子どもさんがいじめに遭っている場合

学校に行きたくない理由が「いじめ」なら、まずは休ませてあげたほうが良いでしょう。
心だけでなく、身体的な「危機」を回避するためです。

子どもさんに詳しい話を聴いて、
子どもさんと相談した上で担任の先生にも相談しましょう。

いじめの度合いにもよりますが、
1日休んで親御さんと話をすれば、お子さんはかなり心の落ち着きを取り戻せます。

悪質かつ陰湿ないじめでなければ、
翌日からは勇気を持って登校するお子さんも多いです。

・腹痛・頭痛・嘔吐・吐き気・微熱などの症状がある場合

明らかに風邪などの症状とは異なり、
不登校の初期によくある腹痛・頭痛・嘔吐・吐き気・微熱などの身体症状がある場合は、
「休んでいいよ」というよりいったん欠席させて病院に連れていきましょう。

身体的な疾患なのか、心因性のものなのか、早めにはっきりさせることが大切だからです。

腹痛・頭痛・嘔吐・吐き気・微熱などが心因性の症状ならば、
それらの症状は子どもさんの「心の叫び」です。

子どもさんが中学生高校生なら、何を叫ぼうとしているのか、
症状の「意味」をお父さんお母さんといっしょに考えていくと良いでしょう。

もちろん、親子間では感情的になったり本音も言いづらかったりするかもしれません。
カウンセリングを活用するのも有効です。
 

「行きなさい」と登校を促したほうが良い場合

 

・学校に行きたくない理由が「勉強がわからないから」など学習面に問題がある場合

「勉強がわからない」「授業についていけない」「先生の話がわからないからつまらない」など、
学習面の問題が子どもさんの「学校に行きたくない」理由である場合は、
登校させるほうが良いケースのほうが多いです。

学習面の問題が「学校に行きたくない」理由である子どもさんは、
勉強でつまづいているだけでなく、
現実逃避することで問題を解決しようとする傾向があります。

「授業で指されて答えられなかった」
「内容のわからない授業を受けているのが苦痛」
・・・そのような理由で学校を休みたがるのは、
「自分がかっこ悪いところを人に見せたくない」
「勉強ができない自分を認めたくない」
などの感情によるものです。

少々ゆがんだ自尊心(プライド)が根底にあることが多いです。

 

自尊心が傷つくのが怖くて学校を休み始めてしまうと、引きこもりになりやすくなります。

もっと些細なことでも傷つくのが怖くなってしまうからです。

登校をうながしながら、
「素直に『授業がわからないんです』と先生に言って勉強の仕方を教えてもらってごらん」
とか
「学校から帰ってきたら、お母さんといっしょに復習しよう」
など、
学習面の問題を前向きに解決するようにしましょう。

 

・子どもさんが小学校低学年の場合

小学校低学年は、勉強だけでなく集団生活の中からさまざまなことを学ぶ時期です。

この時期に不登校になってしまうと、
小学校高学年、中学校になってもなかなか学校復帰できなくなるケースが多いです。

集団の中にいれば、多くのことを体験します。
傷つくこと、矛盾していること、人と比較されること・・・子どもさんはさまざまな試練に出会います。
今後の人生の中でも必ず何度も訪れる試練です。

それらの試練に適度な耐性をつけるためにも、
小学校低学年のうちは出来れば登校させたほうが良いでしょう。

ただし、ひどいいじめに遭っていたり、発達障害の可能性がある場合は別です。
まずは、子どもさんの話をよく聴いてあげてください。

えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「お子さんの『学校に行きたくない』発言」「子育てにおける葛藤」等について、
随時個別相談を承っています。

専門的な学習支援やカウンセリングをご希望の方はメールフォームからご連絡ください。