不登校の原因は子育ての失敗?



お子さんが不登校になると、「子育てに失敗したからかも・・・」と自分を責める親御さんがとても多いです。


不登校の原因は、子育てに失敗したからなのでしょうか。


結論から言うと、不登校の原因を子育ての失敗だというのはあまりに無謀です。


もちろん、「不登校の原因は親御さんが子育てに失敗したからではない」と言い切れるものでもありません。


不登校の原因を、ひとつのことに求めるのは無理なのです。




過保護だと不登校になる?



同様にして、「不登校の原因は親が過保護だからだろうか」と心配になる親御さんもたくさんいらっしゃいます。


例えば、
親御さんがお子さんを、他の誰もが受ける社会的なストレスから守りすぎて、
ストレスに対する耐性がつかずに結果的に不登校になるケースもあります。
これは、親の過保護による不登校と言えるでしょう。


また、
親御さんがお子さんに対して日常生活の何もかもに口出しするといった過干渉の結果、
お子さんが学校でひとりになると、自分でどのように振舞ったら良いかわからなくなり、
不登校になる・・・というケースもあります。
これは、親の過干渉による不登校と言えるでしょう。


放任による不登校、というケースも考えられます。
親御さんがお子さんに対してあまりに無関心なケースです。
ご飯も作らず学校にも行かせずといった、児童相談所レベルの極端な場合もあれば、
放任による寂しさから非行に走る場合もあります。
これは、親の放任による不登校と言えるでしょう。



とはいえ、
不登校には、どんな子でもなりうる要因があります。


見るからに過保護だったり過干渉だったり放任だったりしている子でも、
元気に学校に通っている子も大勢いますね。


お子さんが何らかのストレスを受けたり、
自身の成長における苦悩にぶち当たったりしたとき、
複数の要因が絡み合って、不登校という症状として現れるのです。


不登校の原因を、
「親御さんの育て方のせい」とか
「子育てに失敗したせい」と
言い切るのは難しいと思います。



不登校の原因を探し始めたのはなぜ?



今、この記事を読んでくださっているお父さんお母さん、
「ウチの子が不登校になったのは、子育てに失敗したからではないか・・・」
と思い始めたのはなぜですか?


不登校のお子さんが「不登校になった原因」について思い悩む親御さんのほとんどが、
姑さんや親戚から「子育てのせいだ」と責められた経験があります。


また、お母さんの場合、配偶者、特にご主人から
「子どもが不登校になったのはお前の子育てのせいだ」と言われて、
深く思い悩んでいることがあります。


「そんなことはない」
と思っていても、真面目な親御さんほど負い目を感じてしまいます。





対人関係のトラブル以外なら、原因2割・今後8割で!



不登校の原因が明らかになっている場合で、
その原因が対人関係のトラブル(いじめやケンカなど)であるケースでは、
学校復帰・社会復帰した後に同じようなトラブルが起きても対処できるようにしておく必要があります。
不登校の原因となった対人関係のトラブルについてトラウマ化しないようにカウンセリングや心理療法でメンタルケアやメンタルコーチングをしていく必要もあるでしょう。


また、不登校に際して分離不安など不安症状がある場合も、
適度に年齢にフィットした不安感の軽減が自分でできるように、
やはりカウンセリングや心理療法でメンタルケアやメンタルコーチングをしていく必要があります。
時には、親子カウンセリングも有効です。



上記以外のケースなら、
不登校の原因を探してくよくよするのは、思い切ってやめましょう。



特に、親御さんが不登校の原因探しをするのはあまりよくありません。


お子さんが、自分自身のこころの成長のために自己分析がてら不登校の原因を考えるのは良いのですが、
親御さんが不登校の原因探しをして疲れている姿を見ると、
繊細で優しい心を持つお子さんは、親御さんといっしょに落ち込んでしまいます。


結果、学校復帰や社会復帰が遅れることもあるでしょう。



お父さんお母さんは、専門家以外の周りの声は、適度に聞き入れ適度に受け流していくと良いと思います。


真面目で責任感の強いお父さんお母さんのことを、お子さんも誇りに思っていることでしょう。


周りの声の聞き入れ方・受け流し方も、お子さんに身をもって教えてあげる・・・くらいの気持ちでいると良いと思います。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。


「不登校の原因」「不登校と子育て」「過保護・過干渉」等について、
ご質問やもっと詳しく知りたいことなどがありましたら
お気軽にお問い合わせフォームからメッセージをお寄せください。
無料で簡単なアドバイスをいたします。