臨床心理士が教える!「もう一度勉強したい」不登校の方専門のプロ家庭教師

中学校で不登校になったお子さんの進路について

不登校中学生さんの進路
 ~全日制を受験?通信制?高認?~

中学校で不登校になった場合、高校進学をどうするか・・・悩んでいる生徒さんや親御さんが大勢いらっしゃいます。

中学生で不登校状態の方で、進路に悩んでいる場合は、ふたつの点を考慮することをおすすめします。

ふたつの点とは、「不登校の期間」と「不登校の原因」です。
学校を休んだ期間の長さと、学校を休み始めた原因によって、進路の向き不向きがある程度決まります。

例えば、
中学に入ってすぐ、もしくは小学校の頃から不登校状態で、ほとんど中学へ行っていないという方は、無理して全日制高校へ進学しようとしないほうが良いかもしれません。

通信制高校やフリースクールなどで学生生活に少しずつ慣らすほうが心身への負担が軽くて済むでしょう。
アルバイトなども試して、人間関係における耐性をつけてから、大学や専門学校から学校へ復帰するほうが、楽に学生生活に溶け込める可能性が高いです。

また、学校を休み始めた原因が友だち関係だった場合は、不登校で学校を休んでいた期間が長かったとしても、「全日制に行きたい」という気持ちが強ければ、全日制高校を受験してもうまくいく可能性が高いです。

不登校の原因が友だち関係にあるお子さんは、トラブルのあった友だちのいない環境であれば、自然と学校生活を送れる場合が多いためです。
高校で新しい友だちを作ることに不安や心配が強い場合は、カウンセリングで不安を解消するのが良いと思います。

苦手科目と得意科目がはっきりしているお子さんならば、通信制高校と高認を併用するのも一手です。
得意科目は高認で取得し、苦手科目は通信制で単位を取れば、余裕を持って大学受験の準備にも入れます。

学校や勉強に少しずつ慣れていきたい場合は、フリースクールに在籍しておくのも良いでしょう。
フリースクールは民間で経営しているので、内容がさまざまです。
そこがメリットでもあるのですが、高校卒業の資格の取り方もスクールによって異なります。

「高校は卒業しておきたい」という思いを抱いている方は、「行こうかな」と思っているフリースクールで高校卒業の資格が取れるかどうか、取れるとすればどんな取得方法なのか、確認しておきましょう。