臨床心理士が教える!「もう一度勉強したい」不登校の方専門のプロ家庭教師

学校へ「行き渋り」する子の心理とは? ~不登校の前兆? 単なる甘え?~

「行き渋り」の心理

子どもさんが、次のような行動を取ることはありませんか。

  • 朝になると「学校に行きたくない」と言う
  • 朝、暗い顔でけだるそうに登校の支度をする
  • お腹が痛い、頭が痛いといって学校を休もうとする

いずれも、学校への「行き渋り」の行動例です。

学校への「行き渋り」をする子はどんな心理状態でいるのでしょうか。

 

「学校へ行きたくない」とはっきり口にする子の「行き渋り」の心理

「学校へ行きたくない」とはっきり言う子は、自分の気持ちを素直に言葉に出来ています。
過度に心配する必要はないでしょう。
親に対するちょっとした甘えの表現である可能性もあります。

 

悲痛感や対人関係トラブルを伴う場合は注意が必要

ただし、これまで元気に学校に行っていた子が「学校に行きたくない」と悲痛な顔をして行き渋る場合は、原因をある程度特定する必要があります。

親御さんは、問い詰めるのではなく、
「学校で何かあったの?」
と優しく促してあげると良いでしょう。

その結果、
いじめやいやがらせ、セクハラなど、子どもにとって言いづらいトラブルがあった事実を話してくれることもあります。
そのときは、
「話してくれてありがとう」
と勇気をたたえ褒めてあげましょう。

そして、
その後の対応について、子どもさんと相談しながら決めていきましょう。

対人関係のトラブルの場合は、行き渋りをした当日は学校を休ませてあげても良いと思います。
そのトラブルにどう対応するか、親子で対策を練りましょう。
対人関係のトラブルがなくなれば、自然と学校へ行く可能性が高いからです。

 

登校の支度をけだるそうにしている子の「行き渋り」の心理

教科書や筆記用具を何度もランドセルに出し入れしたり、
朝食や洗面をだらだらとゆっくりしていたり
牛歩か!と突っ込みたくなるほど玄関に向かう足どりがノロノロ・・・

親御さんからすると、
「もう、何やってんの! 早くしなさーい!」と叱りたくなりますよね。

そんな、登校の支度がはかどらないタイプの「行き渋り」は、「察してほしい」気持ちのあらわれです。
「甘え」ともいえるでしょう。

 

苛立ちを抑え現状を一緒に見つめて

「さっさとしなさい」という苛立ちを抑えて冷静に何があったのか尋ねてあげると功を奏することがあります。
優しく聞いてあげると、学校に行きたくない理由を言い出すかもしれません。

また、
登校の支度が遅くなる「察してほしい」行き渋りタイプの子は、甘えたい気持ちが満たされると学校へも行きやすくなることがあります。

ぎゅっと抱きしめてあげたり、「がんばってるね」と頭をなでてあげたりすると、翌日から急に元気に登校し始めたりします。

 

言語化が苦手なタイプの子にはスキンシップは逆効果

ただし、
「察してちゃん」タイプの行き渋りをする子にスキンシップは逆効果です。

察してちゃんタイプの行き渋りをする子は、次のような特徴があります。

  • 悩みや情緒の言語化が苦手
  • 日ごろから泣いたり暴れたりすることで不満や不安を示すことが多い
  • 人の顔色を見て行動しているフシがある
  • 親が、子の気持ちを代弁することが多い

このタイプの子は、
「学校に行きたくない」とハッキリ言えなかったり学校に行きたくない理由を言葉で表現できなかったりします。
つまり、
人から察してもらうことで自分の気持ちを言わずに済ましてしまう傾向があるのです。

小学校低学年ならまだいいかもしれませんが、小学校高学年から中学生高校生になっても察してタイプの行き渋りをしているなら、自分の気持ちをしっかり言葉にする練習が必要でしょう。

 

悩みを言語化する練習を!

悩んでいる気持ちや悩みの内容を言葉にして相談できるようになれば、察してちゃん状態からおさらばできます。
自然な成長の一歩です。

スキンシップは非言語的な愛情表現ですから、情緒表現の言語化を妨げてしまう恐れがあります。
なので、察してタイプの行き渋りをする子には逆効果。
子ども扱いせず大人な接し方をしていきましょう。

 

親の先走りはNG! オリジナルな感性を大事に

また、
言語化の練習についても親御さんが先走ってはいけません。

「学校で嫌なことがあったの?」
「悲しいから泣いているの?」

…このような問いかけは、親が先走っているのがわかりますか。
「嫌なことがあった」「悲しい」というのが前提になっていますね。

お子さんのオリジナルな「感じたこと」「考えたこと」を言えるように導いてあげてください。

「話せそうなら学校のこと話して」
「なぜ泣いているの?」

…といったオープンクエスチョンを活用していきましょう。

感情をうまく言葉にすることが出来るようになってくれば、行き渋りという抽象的な行動ではなく、悩みを軽減するための具体的な行動ができるようになるでしょう。

 

朝、「お腹が痛い」「頭が痛い」と症状を訴える子の「行き渋り」の心理

朝、腹痛や頭痛、微熱、吐き気といった身体症状を訴えて学校に行き渋る子はとても多いです

特に、小学生や中学1年生くらいの行き渋りは、この身体症状を訴えるタイプが一番多いと言えるのではないでしょうか。

 

身体症状を示すタイプの行き渋りは、「学校に行きたくない」とはっきり自分の意思を伝えるのでなく、
「お腹が痛い(だから学校に『行けない』)」
「気持ちが悪い(だから学校に『行けない』)」
と、行きたくない思いが暗に示されます。

気持ちが言語化しづらい低年齢の子にはありがちです。

 

症状を言い訳に使う子は癖になりやすいので注意

症状を言い訳にするタイプの子は、言い訳が癖になりやすいので注意が必要です。

残念なことに、身体症状を示す子のほとんどが症状を言い訳にする傾向があります。

「学校に行きたくない」と言葉に出来たり、牛歩戦術などでけだるさを示したりするならまだ良い方かもしれません。

 

どんなふうに症状を言い訳にしてしまうのか…
学校に行きたくなくて身体症状を示す子には、次のような心理が働いています。

  • 「学校に行きたくない」とはっきり言ってしまうと、お父さんお母さんに叱られるし自分のプライドも傷つく。
    だから、体調が悪いことにすれば自分も傷つかないしトラブルも発生しない。

…自覚していても無自覚でも、このようにうまい言い訳として身体症状を使う子、結構います。

 

しかし、
このような「症状を言い訳にするタイプ」の子は、何かうまくいかないことがあるたびに言い訳を使うようになります。

何か新しいことや責任を伴うことにチャレンジする機会を、避ける傾向が顕著になります。
自分(のプライド)が傷つくかもしれないことを回避したいのです。

そして、
言い訳を使ってうまく回避できてしまうと、他のこともどんどん逃げたり避けたりするようになってしまいます。

 

ひきこもりや回避性パーソナリティ障害に?!

行き渋りをする子の中でも、最もひきこもりになりやすいタイプです。
言い訳を使って逃げたり避けたりするのを無自覚に繰り返していると、回避性パーソナリティ障害のようになってしまい、社会復帰までの道のりが長く険しいものになりがちです。

このタイプの子は、言い訳している自分と向き合う必要があります。
自分の中の弱く脆い部分を認め、しかも言い訳を使ってしまうずる賢さも受け止めていかなければなりません。
もともと傷つきたくなくて言い訳を使っていたわけですから、認め受け止める過程では非常に傷つきショックを受けます。

 

しかし、
言い訳をうまく使う子は基本的に賢いです。

自分の脆さとずるさに悩み嘆きながらも、比較的短期間でしっかりと現実と将来を見据えて立て直すことができる子であることがほとんどです。

小学校中~高学年の思春期前期くらいから、言い訳が癖になりがちです。
身体症状が頻繁な場合はお医者さんで心因性の症状かどうかを確かめ、言い訳にしていないか見極めていきましょう。

 

親子で専門家に相談するのがオススメ

身体症状による行き渋りをするお子さんの場合、
言語化しづらい情緒の整理やスムーズな情緒の言語化につなげるためにも、早めに専門家のところに相談することをお勧めします。

専門家によるカウンセリングを通して、傷つきやすい自分と逃げていた自分を認めるプロセスを、受け止めやすくしていく効果もあります。

対話によるカウンセリングだけでなく描画療法などを取り入れるカウンセラーもたくさんいます。

 

「身体症状を示す行き渋り」の子は育てづらい?

身体症状を示す行き渋りをする子は芸術家気質を持っていることも多く、他者には理解しきれない感覚や情緒を持て余しているケースが少なくありません。

親御さんも「この子は何を考えているんだろう」と悩みがちで、そういう意味では少々育てづらいタイプの子であることが非常に多いです。

お父さんお母さんの精神的負担を軽減するためにも、親子で早期に専門家に相談してみると良いでしょう。

 

中学生以降の「身体症状による行き渋り」は心と向き合うチャンス

中学校2,3年生や高校生になっても身体症状による行き渋りがあるなら、日ごろから感情を抑えすぎているかもしれません。

また、
これまで不安やさびしさといった感情に目を向けたことがあまりなかった子、
勝気で強気な子、
プライドの高い子なども、
学校に行きたくないと感じたときや学校で劣等感を抱いたときなどに、腹痛・頭痛・微熱・吐き気といった身体症状が出やすいです。

 

身体症状が出るということは、細かな感情に目を向ける必要が出てきたということです。
心の声が、腹痛や頭痛、微熱、吐き気に形を変えて出てきているのです。

身体症状による行き渋りタイプの子には、
お父さんお母さんが「その症状は心の声なんだよ」と教えてあげてください。

症状はどんな気持ちを意味しているのか、お子さんといっしょに考えてあげてください。

症状が表している「心の声」の意味を理解できれば、お子さんは行き渋り状態から脱せられるでしょう。

 

 

えむ心理研究室の家庭教師カウンセラーのブログで「行き渋りする子の心理」についてさらに踏み込んだ内容の記事を掲載しています。

本記事への追記的な内容になっています。よろしければぜひご覧ください。

「行き渋り」の心理|「学校に行きたくない」発言や素振りを見せたときの親の対処法(えむ心理研究室家庭教師カウンセラーのブログ)

 

えむ心理研究室ではプロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「行き渋り」「学校に行きたくない心理」等について、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからご連絡ください。

 

2017/4/26 更新