臨床心理士が勉強を教えます!「もう一度勉強したい」不登校の方とメンタルを鍛えながら各種受験を目指す方専門のプロ家庭教師

受験と部活、どちらを優先したらいい? 

受験するなら部活をやめる? 部活するならランクを落とす?

受験勉強に集中するために、部活をやめようかと考えている中学生・高校生の方は、
ぜひ文武両道を目指してください。

「部活で疲れてしまうから受験勉強ができない・・・」
「部活を続けたいけど成績が落ちちゃうから志望校のランクを落とそうかな・・・」

そんなふうに考えるのは、あまり理にかなっていません。

あなたのクラスで、成績が一番の人を思い浮かべてください。
部活も勉強もがんばっている人ではありませんか。

部活は、受験勉強に対する体力と精神力を培ってくれるのです。

特に、運動部に入っている人で受験のために途中で退部しようかと思っている人は、
ぜひ部活を続けてください。

むしろ、部活でももっと高いレベルを目指しましょう。

団体競技の部活(野球、バレーボール、バスケットボール等)に入っている人はレギュラーを、
個人競技の部活(陸上、水泳、テニス等)に入っている人は試合での優勝を、
目指してみてください。

練習のおかげで体力がつき、試合のおかげで集中力・精神力がつきます。
あなたがその部活に入っていたからこそ得られる、貴重なチカラです。

受験のために部活をやめる場合は、部活に費やしていた時間をすべて勉強時間にできる、と自信があれば良いでしょう。

部活をやめたことを後悔したり、部活の時間を勉強時間にまわせなかったりする可能性が少しでもある場合は、部活をしっかり続けてください。
後悔や自信喪失など、ネガティブな気持ちが生じると、結局は受験勉強にも支障が出ます。

受験には、体力と精神力が必要です。
体力と精神力は、部活で養うことができます。
あなたなら、きっと両立が可能です。