臨床心理士が勉強を教えます!「もう一度勉強したい」不登校の方とメンタルを鍛えながら各種受験を目指す方専門のプロ家庭教師

成績を上げるにはどうしたらいい? ~自己分析のススメ~

成績を上げるにはどうしたらいい?

「成績を上げるにはどうしたらいいんだろう?」・・・中学生・高校生の方なら、どんな人でも思ったことがあるでしょう。

中学生・高校生の方が成績を上げるには、まずは勉強における自分の「強み」と「弱点」をしっかり分析することです。

「強み」とは、得意なこと、取り組んでいて楽しい単元、テストで点数が取れる箇所、などです。
「弱点」とは、苦手なこと、自力では取り組むのが難しい単元、テストでミスしてしまう箇所、などです。

「強み」はさらに伸ばし、「弱点」は補強していけばいいのです。
この、強みと弱みを知るための精神的・思考的な作業は「自己分析」の一方法になります。

成績アップのための自己分析

強みと弱点ならとっくの昔にわかっているよ・・・と思う方もいらっしゃるでしょう。

例えば、「国語は強みだけれど数学は弱点」・・・たしかに、これも強みと弱点の分析ですが、これだけだと、どういうふうに国語が強みになっていて、数学が弱点であるのかはわかりませんね。
国語の中にも、特に得意なジャンルがあるかもしれません。読解も文法も好きだけれど漢字は特に得意だ、とか。
数学も、「計算はできるけれど図形が苦手」など、単元によって差があるかもしれません。

そういった、単元ごとの「強み」と「弱点」まで踏み込んで分析してほしいのです。

成績アップのための自己分析のコツ

強みと弱点の分析は、細かければ細かいほど良いです。
同じ単元の中でも、例えば、数学の教科書の例題1~3まではしっかり理解できているのに例題4はどうもわからない、と分析できれば、例題4をしっかり教わればよい、ということになります。
そうすると、やみくもに、「数学難しい。わからない」と嘆く状況からは脱することができますね。

強みと弱点を細かく分析しようと思うと、結構しっかりと自分を見つめる必要があります。

自己分析が、成績アップのスタートになります。
自己分析を繰り返せば、成績はどんどん上がっていきますよ!