えむ心理研究室 高校生のためのプロ家庭教師についてご案内いたします。

えむ心理研究室の「プロ家庭教師の特徴」

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、現役の臨床心理士です。

臨床心理学、精神分析学、認知心理学に深く携わる中で、
「効率の良い勉強方法」
「効率の良い暗記方法」
「定期テストで点数を取る勉強方法」
「勉強につながるノートの取り方」など
さまざまな学習方法を研究してきました。

とはいえ、
いくら良い方法であっても
画一的な方法がすべての生徒さんに当てはまるとは限りません。

いくつかの方法論と生徒さんの個性を組み合わせて、
もっとも生徒さんに合っていると思われる学習方法を提案いたします。


学習内容の理解度を高めて成績を伸ばすことはもちろん、
生徒さんが「勉強って楽しい!」と思って自主的に勉強に取り組めるようにしてまいります。


みんなと同じ予備校・塾・家庭教師では物足りない方、
心理学に基づいた効果的な勉強方法で学習していきたい方、
メンタルケアをしながらじっくり勉強したい方、
不登校やひきこもりなどの悩みを持っている方、
本気で志望校に合格したい方、
・・・えむ心理研究室のプロ家庭教師にご相談ください!


高校生のための家庭教師 学校の補習

えむ心理研究室の学校の補習は、予習復習をバランス良くお教えいたします。

生徒さんに必要なのがどの部分の予習(あるいは復習)なのか、
生徒さんの個性や学習進度に合わせて提案してまいります。

「勉強をする時間って結構楽しいな」と生徒さんが思ってもらえるように、
生徒さんと和やかに相談する時間を大切にしています。



高校生のための家庭教師 定期テスト対策

定期テストに関しては、
過去問(前回までのテスト)の分析から
教科書・ワーク・授業プリントの勉強の仕方まで綿密に行い、
効率の良い定期テスト対策をしてまいります。

定期テストで点が取れると、
自然と自尊心が育ちやる気もアップしてきます。
大学の推薦入試を目指す方にも役立ちます。


定期テストで点が取れずに困っている方、
もっと定期テストで良い点を取りたい方、
まずはいっしょに、今の勉強方法について見直していきましょう。

必ず、もっともっと点数をアップさせる方法が見つかります。


高校生のための家庭教師 大学受験対策

大学受験対策は、
苦手分野の克服から得意分野の点数アップまで、
幅広くかつ綿密に指導いたします。

受験について不安なことや心配なことはなんでもおっしゃってください。
不安を解消し受験に自信が持てるような授業時間にしていきます。


さまざまな入試形態に対応しております。
AO入試対策、面接対策、小論文対策などもお任せください。

指導可能科目は英語、現代文、社会系科目、小論文、面接です。


特に、英語については
市販の長文問題に、新たな文法・語法問題や読解問題をミックスするなど
強化すべきジャンルをしっかり強化するための指導を致します。

また、暗記系科目についても
効率の良い暗記方法などを伝授致します。


「この家庭教師と一緒に受験勉強してよかった!」と思ってもらえるような
充実した受験勉強タイムをお手伝いいたします。

ぜひプロ家庭教師の効果を実感してください。


高校生のための家庭教師 
 勉強が嫌いな生徒さんの学習支援

「わからないところが多すぎて勉強なんていや」
「勉強なんて何が楽しいの。勉強なんてきらい」
・・・そんなふうに思っている生徒さんもいらっしゃると思います。


勉強を好きにさせる・・・ことは難しいかもしれませんが、
プロ家庭教師としていっしょに勉強する中で
「勉強って意外と楽しい」と感じてくれた生徒さんはたくさんいらっしゃいます。


勉強がきらいな理由は、
わからないところが多いから、というものが大半です。

わからないところがわかるようになると、
急に、勉強が楽しくなります。


えむ心理研究室のプロ家庭教師は、
生徒さんにとってわかりづらい単元や苦手と感じられる単元も
心理学を活かしてわかりやすく丁寧に、興味を持ってもらえるようにお教えします。

その結果、
「ちょっと勉強がわかるようになってきた」と感じ、
意欲的に勉強し続けるようになった生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

勉強が嫌いな生徒さんも、
ぜひ一度、えむ心理研究室のプロ家庭教師をお試しください。


高校生のための家庭教師 基礎学力アップ&やる気アップ

基礎学力が不足しているために、
高校の勉強についていけなくなっている生徒さんも多くいらっしゃいます。

まずは、
基礎となる小学校・中学校の単元にさかのぼってひとつずつわかるようにしていきましょう。

わかるようになってくると、自然とやる気も出てきます!
・・・コレは本当の話です。


「勉強がわからないからやる気にならない」
と思っている生徒さん、
あきらめずにいっしょにがんばってみませんか。



高校生のための家庭教師 不登校支援

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、
不登校支援に10年以上携わっております。


不登校の生徒さんの学習支援は
学校に行っていない分をカバーすることを目標にしつつ、
メンタルケアを重視した楽しく優しい時間にしてまいります。


進学・就職の進路相談や
学校復帰・教室復帰の際の相談もどうぞお気軽にお申し付けください。


高認取得を目指す方や
通信制・単位制高校に在籍する方、
通信制大学に在籍する方のサポートも行っています。
生徒さんの立場に合わせて丁寧にお手伝いさせていただきます。


高校生のための家庭教師 メンタル強化

難関校に合格するためには
日々の受験勉強に集中し、
志望校を強く希望し続けるための「メンタル強化」も非常に重要です。


くじけそうになっても負けない心、
他者と競争する状況でもたじろがない意志、
利己的になりすぎずに目標に到達する強さ・・・
臨床心理士でもあるプロ家庭教師と培っていきましょう。


メンタル強化コーチングを並行する形で本気で勉強や受験に取り組みたい方は
ぜひえむ心理研究室のプロ家庭教師をお試しください。



えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「高校生の家庭教師」「高校生の不登校支援」「高校生のやる気アップ」「大学受験の家庭教師」「高認取得」等について、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

えむ心理研究室 中学生のためのプロ家庭教師についてご案内いたします。

えむ心理研究室の「プロ家庭教師の特徴」

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、現役の臨床心理士です。


臨床心理学、精神分析学、認知心理学に深く携わる中で、
「効率の良い勉強方法」
「効率の良い暗記方法」
「定期テストで点数を取る勉強方法」
「勉強につながるノートの取り方」など
さまざまな学習方法を研究してきました。

とはいえ、
いくら良い方法であっても
画一的な方法がすべての生徒さんに当てはまるとは限りません。

いくつかの方法論と生徒さんの個性を組み合わせて、
もっとも生徒さんに合っていると思われる学習方法を提案いたします。


学習内容の理解度を高めて成績を伸ばすことはもちろん、
生徒さんが「勉強って楽しい!」と思って自主的に勉強に取り組めるようにしてまいります。


みんなと同じ塾や家庭教師では物足りない方、
心理学に基づいた勉強方法で学習していきたい方、
メンタルケアをしながらじっくり勉強したい方、
不登校やひきこもりなどの悩みを持っている方、
本気で志望校に合格したい方、
えむ心理研究室のプロ家庭教師に、どうぞお気軽にご相談ください。


中学生のための家庭教師 学校の補習

えむ心理研究室の学校の補習は、予習復習をバランス良くお教えいたします。

生徒さんに必要なのがどの部分の予習(あるいは復習)なのか、
生徒さんの個性や学習進度に合わせて提案してまいります。

「勉強をする時間って結構楽しいな」と生徒さんが思ってもらえるように、
生徒さんと和やかに相談する時間を大切にしています。



中学生のための家庭教師 定期テスト対策

定期テストに関しては、
過去問(前回までのテスト)の分析から
ワークの勉強の仕方まで綿密に行い、
効率の良い定期テスト対策をしてまいります。

定期テストで点が取れると、
自然と自尊心が育ちやる気もアップしてきます。

定期テストで点が取れずに困っている方、
もっと定期テストで良い点を取りたい方、
まずはいっしょに、今の勉強方法について見直していきましょう。

必ず、もっともっと点数をアップさせる方法が見つかります。


中学生のための家庭教師 高校受験対策

高校受験対策は、
苦手分野の克服から得意分野の点数アップまで、
幅広くかつ綿密に指導いたします。

受験について不安なことや心配なことはなんでもおっしゃってください。
不安を解消し受験に自信が持てるような授業時間にしていきます。

高校受験の面接対策や作文対策などもお任せください。

「家庭教師と受験勉強してよかった!」と思ってもらえるような
効果を実感できる充実した受験勉強タイムをお手伝いいたします。


中学生のための家庭教師 勉強が嫌いな生徒さんの学習支援

「わからないところが多すぎて勉強なんていや」
「勉強なんて何が楽しいの。勉強なんてきらい」
・・・そんなふうに思っている生徒さんもいらっしゃると思います。

勉強を好きにさせる・・・ことは難しいかもしれませんが、
プロ家庭教師としていっしょに勉強する中で
「勉強って意外と楽しい」と感じてくれた生徒さんはたくさんいらっしゃいます。

勉強がきらいな理由は、
わからないところが多いから、というものが大半です。

わからないところがわかるようになると、
急に、勉強が楽しくなります。

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、
生徒さんにとってわかりづらい単元や苦手と感じられる単元も
心理学を活かしてわかりやすく丁寧に、興味を持ってもらえるようにお教えします。

その結果、
「ちょっと勉強がわかるようになってきた」と感じ、
意欲的に勉強し続けるようになった生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

勉強が嫌いな生徒さんも、えむ心理研究室のプロ家庭教師をお試しください。


中学生のための家庭教師 基礎学力アップ&やる気アップ

基礎学力が不足しているために、
中学校の勉強についていけなくなっている生徒さんも多くいらっしゃいます。

まずは、基礎となる小学校の単元にさかのぼってわかるようにしていきましょう。

わかるようになってくると、やる気も出てきます!

「勉強がわからないからやる気にならない」
と思っている生徒さん、
あきらめずにいっしょにがんばりましょう。



中学生のための家庭教師 不登校支援

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、
不登校支援に10年以上携わっております。

不登校の生徒さんの学習支援は
学校に行っていない分をカバーすることを目標にしつつ、
メンタルケアを重視した楽しく優しい時間にしてまいります。

高校進学の進路相談や
学校復帰・教室復帰の際の相談もどうぞお気軽にお申し付けください。

高認取得や通信制・単位制高校のサポートも行っていますので、
中学の間だけでなくその後も、丁寧にお手伝いさせていただきます。


中学生のための家庭教師 メンタル強化

難関校に合格するためには
日々の受験勉強に集中し、
志望校を強く希望し続けるための「メンタル強化」も非常に重要です。

くじけそうになっても負けない心、
他者と競争する状況でもたじろがない意志、
利己的になりすぎずに目標に到達する強さ・・・
臨床心理士でもあるプロ家庭教師と培っていきましょう。

メンタル強化コーチングを並行する形で本気で勉強や受験に取り組みたい方は
ぜひえむ心理研究室のプロ家庭教師をお試しください。



えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「中学生の家庭教師」「中学生の不登校支援」「中学生のやる気アップ」「高校受験の家庭教師」等について、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

「成績を上げたい!」「やる気を出したい!」・・・心理学的に効果があるのは?

成績を上げたい、やる気を出したい・・・誰もが思いますよね。

ちょっとした気持ちや行動の変化で、成績ややる気は格段にアップします。

成績ややる気をグンとアップさせるには、どうしたらいいのでしょうか。

「自己効力感」という心理学用語を、知っていますか。

自己効力感とは、「自分が、自分以外の何かに働きかけられる、という感覚」のことです。
「自分は何かができる!と信じていること」です。

この自己効力感が適度に高いと、自分に自信があるわけですから、自然とやる気も高くなります。
すると、勉強に運動にも精が出て、人間関係もうまくいく・・・理想ですね。

以前こちらで紹介した「学習性無力感」とは、ほぼ逆の感覚ですね。
学習性無力感は「やればやるほど自信をなくし、ついには絶望してしまう感覚」ですので。

でも・・・ここまで読んで、こんなふうに思った方もいるのではありませんか?

「そんなに簡単に自己効力感が抱けるのなら、苦労しないよ」

たぶん、そう思った方は、
今現在、成績が思うように上がらないか、がんばりたいのにやる気が出ないか、どちらかの悩みを抱えている人だと思います。

成績が思うように上がらないのも、がんばりたいのにやる気が出ないのも、
自己効力感をうまくつかめないタイプの人にありがちな行動パターンだからです。

今回は、「自己効力感」だけ、憶えておいてください。
すべての人がもともと持っている、自分に自信をつけてくれるすばらしい感覚=自己効力感、です。

簡単に自己効力感を高めるにはどうしたらいいかについては、また別の記事に書きたいと思います。

学習性無力感イメージ画像

学習性無力感

学習性無力感とは、自力ではどうにもならない状況が続くと、自分に自信がなくなりどんな状況でもやる気がなくなってしまうことを指す心理学用語です。

学習性無力感は、仕事や勉強にも関連するので応用的な研究が進められています。

たとえば、勉強でどうしてもわからない問題が続いたり、テストで悪い点を取り続けたりしてしまった人は、学習性無力感状態になりやすいです。
このような経緯で学習性無力感状態になった人は、ほんの少し勉強すればわかるような問題に行き当たったときでも、「どうせ自分にはできないから」と思い込み、勉強することすらあきらめてしまいがちなのです。

学習性無力感を克服するには、ひとつずつ、成功経験を積むことが大切です。

お子さんが学習性無力感かもしれない親御さんへ

もし、お子さんが学習性無力感状態かもしれないなら、お父さんお母さんは、どんなに小さなことでもお子さんをほめてあげてください。
勉強以外のことでも、どんどんほめてあげてください。

お子さんに「自分は、できるんだ」と自信をつけてあげることが何よりも重要です。

お子さんが自信を失うような言動は控えましょう。
例えば、
「なんでできないの?」
「もっと勉強しなさいよ!」
といったセリフは基本的にNGです。

言わざるを得ないような場合でも、必ず言い方を工夫してください。
学習性無力感状態のお子さんは、過度な自信喪失状態です。
まったく自信を失っている人でも受け入れられるような言い方を心がけてください。

自分は学習性無力感かもしれないと思う方へ

自分の今の状態が「学習性無力感に当てはまるかもしれない」と思った方は、何かひとつ、小さな目標を決めてその目標に向けて努力すると良いでしょう。

本当に小さな目標でいいのです。

勉強に関する目標ならば、例えば「教科書を一行だけ読む」とか、「漢字をひとつだけ書く」など、ごく短時間、ほんの1分でできる目標を立てて、実践してみてください。

無理をせず、本当にひとつずつでいいので、「自分のペースでやる気を生み出せている自分」を実感していくことをおすすめします。