不登校に関する親の不安解消イメージ画像

親御さんと子どもさんの不安は、とても密接にからみあっています。

親御さんの不安についてお話する前に、
子どもさんの不安についてお話させてください。

不登校の子は不安が軽減すると一人で歩き出せる

不登校の子どもさんは、
不安がある程度解消されるとずいぶん大人になります。


自分なりに生産的な生き方をしようとし始めます。


不登校のお子さんの多くは、
不安が強いために学校へ行くことができません。


学校へ行くと不安がさらに強くなるから、
不安になることから身を守るために「学校へ行かない」という防衛策をとるのです。


不安が軽減すれば、自己防衛する必要がなくなります。
「学校へ行かない」という手段をとる必要がなくなります。


不安が軽減したお子さんがいつの間にかまた学校復帰しているケースも多いのは
このためです。



子どもが不登校だと親も不安になる

親御さんの不安について、考えてみましょう。


お子さんが不登校になると、親御さんも心が揺れます。

「うちの子はどうしちゃったんだろう」
「どうして学校に行けないんだろう」
「去年までは元気に学校に行っていたのに」

親御さんの不安感が高まると、
不登校で毎日家に居る子どもさんに当たってしまうこともあるでしょう。


子どもさんは親御さんをよく見ています。
不登校になる子どもさんは、年齢に比して幼い部分を持っていることが多いです。

親御さんの不安を自分のことのように感じてしまいます。


不登校の子どもさんにとっては、
親御さんの不安を、「これは親の問題だ」というふうに自分と切り離して考えることが難しいことがままあるのです。


不登校の子どもさんの不安を少しでも軽くするために、
親御さんの不安も解消しておくことをオススメします。



親の不安を解消するために

親御さんが不安になってはいけない、と言っているのではありません。

子どもさんの不登校に際して、不安になるのは当然のことです。
親御さんの不安、本当に共感します。

「不登校だと進級もできないし受験もできないかもしれない」
「このまま不登校を続けてひきこもりになってしまったらどうしよう」
「ひきこもりになったら簡単に社会復帰などできない、だから早くに学校復帰」

・・・と先ざきのことを想像して不安になるお気持ち、とてもわかります。


でも・・・
親御さんの不安は不登校の子どもさんに伝わります。
親御さんが「どうしようどうしよう」とうろたえていると
不登校の子どもさんはいつまでも不安なままです。


親御さんがどっしりと構えて見守ってあげることで、
子どもさんは安心します。

親の不安を軽減するために

「そんなこと言ったって、ウチの子が他の家の子と違うのが耐えられない!」
「親の不安が消えず、つらくてどうしようもない」
「子どもよりわたしのほうがつらい」
・・・そんなふうにお悩みのお父さんお母さんもいらっしゃいます。
お気持ち、とてもわかります。


まずは、誰か信頼できる人に悩みを吐き出しましょう。
ご実家のおじいちゃんおばあちゃんや、
担任の先生やスクールカウンセラーでも良いでしょう。


気持ちを吐き出すことでずいぶんラクになります。
不安は、溜めてしまうとどんどんモヤモヤして、ネガティブな思いを生んでしまいます。

かかりつけのお医者さんに相談するのも良いと思います。

お父さんお母さんだけでも、
専門家の意見を聞くことで不安感はかなり解消されるでしょう。


また、あせってはいけません。
これまで、えむ心理研究室が担当させていただいた不登校ケースの中で、
親御さんがパニック寸前にあせっている最中に不登校のお子さんが学校復帰したケースはとても少ないです。


親御さんからもお子さんからも焦りが消えた頃、
自然とお子さんから学校や将来に対する前向きな気持ちや行動が生まれることが多いです。


難しいとは思いますが、あまり考えすぎないことです。
親御さんが自分のことで七転八倒している姿を見て、お子さんもさらに苦しんでしまいます。

どれだけ心配でも、不登校のお子さんに対して過干渉にならないようにしましょう。



不登校の子への「親の対応」で、避けるべきこと

親御さんの不安を子どもさんにぶつけるのは避けましょう。


不安を解消するために子どもさんにむやみに登校刺激をしたり、
イライラしたり泣いたりしてしまっても
子どもさんは混乱するばかりです。


まずは心を落ち着けて、
「子どもが不登校でも大丈夫」なお父さんお母さんになってください。



安心感が増えると心が強くなる

お父さんとお母さんが、優しく落ち着いたまなざしで見守っていてくれている・・・
そうすると、子どもさんもお父さんお母さんを見ていて安堵するはずです。
安心感が増えれば、子どもさんは自然と、自分の心の中に強さを見つけていきます。

ひとつずつ少しずつ芽生える心の強さが、
学校復帰や社会復帰に確実につながっていきます。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。


「不登校」「お子さんとのかかわり方」等のテーマについて、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

学校復帰できることが不登校の解決?



子どもさんが学校に行けなくなってしまうと、親御さんは深く苦悩なさいます。

不安感や無力感を抱く子どもさんに対して、親御さんはなんとかしてあげたいと思うようになります。

「どうしたら不安を取り除いてあげられるだろうか」

・・・そのように悩んでおられるならば、
親子二人三脚で、
あるいは不登校の専門家とともに三人四脚で、
一日でも早く子どもさんの悩みが軽くなるようにしていくことができます。



不登校について、親の悩み方にも違いがある



しかし、次のように悩む親御さんも少なくありません。

「どうしたら学校に戻れるだろうか」

・・・この場合、不登校の解決は「学校復帰」のみとなります。


もちろん、えむ心理研究室も義務教育の間は出来るだけみんなと同じように学校に通ったほうが良いと考えています。
(例外はあります)

そして、
子どもさんが本心から
「学校にまた行けるようになりたい」
と願っている場合は、
お父さんお母さんの「学校復帰」に向けての努力も無駄にはならないでしょう。



親の「学校に戻るには?」が子どもの負担になることも



一方で、
子どもさんが「学校に行きたくない」という気持ちが強い場合は
親御さんの「どうしたら学校に戻れるだろうか」という苦悩が子どもさんにとって逆効果になる可能性が高いです。


また、
子どもさんが親の顔色をうかがう傾向の強いいわゆる「良い子」の場合、
本当は「学校に行きたくない」と思っていても
親御さんの「学校に戻って!」という期待にこたえようと無理してしまうこともあります。


もし、不登校の子どもさんに学校復帰してほしいとお考えならば、
親御さんにはぜひいちど、「どうしたら学校に戻れるだろうか」という考えを保留にしていただきたいと思います。



不登校についてのより良い考え方



では、不登校の子どもさんに対して親御さんはどういう考え方・接し方をするのが良いのでしょうか。

不登校の子どもさんに大しては、
「どうしたら学校に戻れるだろうか」
ではなく、
「どうしたら子どもの不安を取り除いてあげられるだろうか」
と考えてみてください。



どうしたら子どもは再び学校に行けるようになる?



子どもさんは、不安がなくなれば自然と学校に戻ることでしょう。
あるいは、
自分で自分の道を見出し、学校へ行かなくても成長・自立の道を歩むことでしょう。


不登校の解決は、学校復帰だけではありません。

悩みの解決が中途半端なまま学校復帰しても、
問題の根っこは子どもさんの心の中に残っています。
まずは、子どもさんの心の中の問題を少しずつひもといていきましょう。

問題がはっきりして不安が解消し始めれば、
子どもさんは前を向いて歩き始めます。



不登校は貴重な機会。学校復帰をあせらずに!



不登校で学校を休んでいる期間は、親子にとって、とても貴重な機会です。


子どもさんに対して登校刺激をしてしまいたくなったら、
「学校に行きなよ」という言葉を少しだけ飲み込んで、
じっくりと子どもさんと話し合いをしてください。
学校のことだけでなく、いろんなことを話し合いましょう。


「とにかく学校復帰!」とあせらずに、
学校のこと、家のこと、これからのこと、
ぜひ親子でいろんなことを穏やかに話し合ってみてください。
きっと、普通に学校に行っているだけでは気づけないようなすばらしいことに親子で気づけるはずです。


不登校は親子で成長する機会です。
えむ心理研究室は親御さんと子どもさんを心から応援しています。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「学校復帰」等のテーマについて、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

不安症状がひどいけど、相談しながら勉強して進学したい・・・

不安障害と診断されたり不安感の強いうつ症状を伴ったりしている不登校のお子さんもとても多くいらっしゃいます。

不安感を強く抱きがちなお子さんは、真面目で賢い人が多いです。

真面目ゆえに、「しっかりしなきゃ」と完璧主義的になったり、
知的に高いゆえに、ちょっとしたことが気になり続けてしまったり、してしまうためです。

また、
不安症状の強い不登校のお子さんは、引きこもりがちになる傾向も強いです。

先述のとおり、
真面目な性格で頭の良いお子さんですと、
不登校になる前に、学校では成績も良く部活や委員会活動もがんばっていたことでしょう。

そのようなお子さんは、
周りから認められたりほめられたりすることも多く、
自然と自尊心を持ちプライドが高くなります。

適度な自尊心やプライドの高さは、社会生活に大いに良い影響をおよぼしますが、
不登校に関してはマイナスに働くこともあります。

真面目で賢いお子さんが、いったん不登校状態になると、
「今までの自分と全然違う」
「あんなにがんばれていたのに」
「あんなにほめられていたのに」
と、それまでの「輝かしい自分」とのギャップが大きくなります。

すると、
自信をなくして気持ち的にもふさぎこんでしまいますし、
人の目を気にしがちになりますので外にも出づらくなります。

そのために、引きこもりになりやすくなってしまうのです。

 

不安症状の強い引きこもりの不登校生の方の家庭教師とカウンセリング

不安症状が強い引きこもり状態の不登校のお子さんの場合は、
不安を軽減しながら少しずつ学習支援と相談を進めます。

たいていの場合、まずは不安感の軽減から始めます。

家族以外の人と会いづらく、
おうちに訪問しても緊張が先立って勉強やカウンセリングどころではない場合は、
メールやチャットなど直接会わなくても済むツールを使ってコンタクトを取り始めることもあります。

会えるようになったら、
ゆっくりと焦らずに家庭教師との勉強と臨床心理士とのカウンセリングをしていきます。

えむ心理研究室は、プロ家庭教師が臨床心理士の資格を持っていますので、
勉強のこともこころのことも、同じ人に相談するスタイルです。

家庭教師は家庭教師、カウンセリングはカウンセリング、と、
ふたりの先生とのコミュニケーションは必要ありません。

ひとりの先生とコミュニケーションを取っていけば良いので、
長い間不登校だったり引きこもりだったりする方には負担が少なくて済みます。

 

不安症状の強い引きこもりの不登校生さんの勉強方法

不安症状の強い引きこもりの不登校生さんは、
高認(高校卒業程度認定試験)や、専門学校進学、大学受験を目指すこともあれば、
不登校や引きこもりの経験を活かして福祉系や心理系の資格試験取得を目指す方もいらっしゃいます。

アルバイトやパートに出始める前に、
コミュニケーションの練習をしておきたいという方もいらっしゃいます。

希望する進路や生活状況によって、勉強内容も勉強方法も十人十色です。

「高認の資格を取って将来につなげたい・・・」
「引きこもりから心機一転、大学に通いたい・・・」
「不登校の経験を活かして、学校の先生になりたい・・・」
「不安だけど、バイトをして自信をつけていきたい・・・」

あなたの夢はきっと叶います。
メンタルケア&強化しながら、あきらめずに取り組みましょう。

えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「引きこもり」等に関する学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。