えむ心理研究室 中学生のためのプロ家庭教師についてご案内いたします。

えむ心理研究室の「プロ家庭教師の特徴」

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、現役の臨床心理士です。


臨床心理学、精神分析学、認知心理学に深く携わる中で、
「効率の良い勉強方法」
「効率の良い暗記方法」
「定期テストで点数を取る勉強方法」
「勉強につながるノートの取り方」など
さまざまな学習方法を研究してきました。

とはいえ、
いくら良い方法であっても
画一的な方法がすべての生徒さんに当てはまるとは限りません。

いくつかの方法論と生徒さんの個性を組み合わせて、
もっとも生徒さんに合っていると思われる学習方法を提案いたします。


学習内容の理解度を高めて成績を伸ばすことはもちろん、
生徒さんが「勉強って楽しい!」と思って自主的に勉強に取り組めるようにしてまいります。


みんなと同じ塾や家庭教師では物足りない方、
心理学に基づいた勉強方法で学習していきたい方、
メンタルケアをしながらじっくり勉強したい方、
不登校やひきこもりなどの悩みを持っている方、
本気で志望校に合格したい方、
えむ心理研究室のプロ家庭教師に、どうぞお気軽にご相談ください。


中学生のための家庭教師 学校の補習

えむ心理研究室の学校の補習は、予習復習をバランス良くお教えいたします。

生徒さんに必要なのがどの部分の予習(あるいは復習)なのか、
生徒さんの個性や学習進度に合わせて提案してまいります。

「勉強をする時間って結構楽しいな」と生徒さんが思ってもらえるように、
生徒さんと和やかに相談する時間を大切にしています。



中学生のための家庭教師 定期テスト対策

定期テストに関しては、
過去問(前回までのテスト)の分析から
ワークの勉強の仕方まで綿密に行い、
効率の良い定期テスト対策をしてまいります。

定期テストで点が取れると、
自然と自尊心が育ちやる気もアップしてきます。

定期テストで点が取れずに困っている方、
もっと定期テストで良い点を取りたい方、
まずはいっしょに、今の勉強方法について見直していきましょう。

必ず、もっともっと点数をアップさせる方法が見つかります。


中学生のための家庭教師 高校受験対策

高校受験対策は、
苦手分野の克服から得意分野の点数アップまで、
幅広くかつ綿密に指導いたします。

受験について不安なことや心配なことはなんでもおっしゃってください。
不安を解消し受験に自信が持てるような授業時間にしていきます。

高校受験の面接対策や作文対策などもお任せください。

「家庭教師と受験勉強してよかった!」と思ってもらえるような
効果を実感できる充実した受験勉強タイムをお手伝いいたします。


中学生のための家庭教師 勉強が嫌いな生徒さんの学習支援

「わからないところが多すぎて勉強なんていや」
「勉強なんて何が楽しいの。勉強なんてきらい」
・・・そんなふうに思っている生徒さんもいらっしゃると思います。

勉強を好きにさせる・・・ことは難しいかもしれませんが、
プロ家庭教師としていっしょに勉強する中で
「勉強って意外と楽しい」と感じてくれた生徒さんはたくさんいらっしゃいます。

勉強がきらいな理由は、
わからないところが多いから、というものが大半です。

わからないところがわかるようになると、
急に、勉強が楽しくなります。

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、
生徒さんにとってわかりづらい単元や苦手と感じられる単元も
心理学を活かしてわかりやすく丁寧に、興味を持ってもらえるようにお教えします。

その結果、
「ちょっと勉強がわかるようになってきた」と感じ、
意欲的に勉強し続けるようになった生徒さんがたくさんいらっしゃいます。

勉強が嫌いな生徒さんも、えむ心理研究室のプロ家庭教師をお試しください。


中学生のための家庭教師 基礎学力アップ&やる気アップ

基礎学力が不足しているために、
中学校の勉強についていけなくなっている生徒さんも多くいらっしゃいます。

まずは、基礎となる小学校の単元にさかのぼってわかるようにしていきましょう。

わかるようになってくると、やる気も出てきます!

「勉強がわからないからやる気にならない」
と思っている生徒さん、
あきらめずにいっしょにがんばりましょう。



中学生のための家庭教師 不登校支援

えむ心理研究室のプロ家庭教師は、
不登校支援に10年以上携わっております。

不登校の生徒さんの学習支援は
学校に行っていない分をカバーすることを目標にしつつ、
メンタルケアを重視した楽しく優しい時間にしてまいります。

高校進学の進路相談や
学校復帰・教室復帰の際の相談もどうぞお気軽にお申し付けください。

高認取得や通信制・単位制高校のサポートも行っていますので、
中学の間だけでなくその後も、丁寧にお手伝いさせていただきます。


中学生のための家庭教師 メンタル強化

難関校に合格するためには
日々の受験勉強に集中し、
志望校を強く希望し続けるための「メンタル強化」も非常に重要です。

くじけそうになっても負けない心、
他者と競争する状況でもたじろがない意志、
利己的になりすぎずに目標に到達する強さ・・・
臨床心理士でもあるプロ家庭教師と培っていきましょう。

メンタル強化コーチングを並行する形で本気で勉強や受験に取り組みたい方は
ぜひえむ心理研究室のプロ家庭教師をお試しください。



えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「中学生の家庭教師」「中学生の不登校支援」「中学生のやる気アップ」「高校受験の家庭教師」等について、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

学校復帰できることが不登校の解決?



子どもさんが学校に行けなくなってしまうと、親御さんは深く苦悩なさいます。

不安感や無力感を抱く子どもさんに対して、親御さんはなんとかしてあげたいと思うようになります。

「どうしたら不安を取り除いてあげられるだろうか」

・・・そのように悩んでおられるならば、
親子二人三脚で、
あるいは不登校の専門家とともに三人四脚で、
一日でも早く子どもさんの悩みが軽くなるようにしていくことができます。



不登校について、親の悩み方にも違いがある



しかし、次のように悩む親御さんも少なくありません。

「どうしたら学校に戻れるだろうか」

・・・この場合、不登校の解決は「学校復帰」のみとなります。


もちろん、えむ心理研究室も義務教育の間は出来るだけみんなと同じように学校に通ったほうが良いと考えています。
(例外はあります)

そして、
子どもさんが本心から
「学校にまた行けるようになりたい」
と願っている場合は、
お父さんお母さんの「学校復帰」に向けての努力も無駄にはならないでしょう。



親の「学校に戻るには?」が子どもの負担になることも



一方で、
子どもさんが「学校に行きたくない」という気持ちが強い場合は
親御さんの「どうしたら学校に戻れるだろうか」という苦悩が子どもさんにとって逆効果になる可能性が高いです。


また、
子どもさんが親の顔色をうかがう傾向の強いいわゆる「良い子」の場合、
本当は「学校に行きたくない」と思っていても
親御さんの「学校に戻って!」という期待にこたえようと無理してしまうこともあります。


もし、不登校の子どもさんに学校復帰してほしいとお考えならば、
親御さんにはぜひいちど、「どうしたら学校に戻れるだろうか」という考えを保留にしていただきたいと思います。



不登校についてのより良い考え方



では、不登校の子どもさんに対して親御さんはどういう考え方・接し方をするのが良いのでしょうか。

不登校の子どもさんに大しては、
「どうしたら学校に戻れるだろうか」
ではなく、
「どうしたら子どもの不安を取り除いてあげられるだろうか」
と考えてみてください。



どうしたら子どもは再び学校に行けるようになる?



子どもさんは、不安がなくなれば自然と学校に戻ることでしょう。
あるいは、
自分で自分の道を見出し、学校へ行かなくても成長・自立の道を歩むことでしょう。


不登校の解決は、学校復帰だけではありません。

悩みの解決が中途半端なまま学校復帰しても、
問題の根っこは子どもさんの心の中に残っています。
まずは、子どもさんの心の中の問題を少しずつひもといていきましょう。

問題がはっきりして不安が解消し始めれば、
子どもさんは前を向いて歩き始めます。



不登校は貴重な機会。学校復帰をあせらずに!



不登校で学校を休んでいる期間は、親子にとって、とても貴重な機会です。


子どもさんに対して登校刺激をしてしまいたくなったら、
「学校に行きなよ」という言葉を少しだけ飲み込んで、
じっくりと子どもさんと話し合いをしてください。
学校のことだけでなく、いろんなことを話し合いましょう。


「とにかく学校復帰!」とあせらずに、
学校のこと、家のこと、これからのこと、
ぜひ親子でいろんなことを穏やかに話し合ってみてください。
きっと、普通に学校に行っているだけでは気づけないようなすばらしいことに親子で気づけるはずです。


不登校は親子で成長する機会です。
えむ心理研究室は親御さんと子どもさんを心から応援しています。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「学校復帰」等のテーマについて、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

不登校中学生さんの進路
 ~全日制を受験?通信制?高認?~

中学校で不登校になった場合、高校進学をどうするか・・・悩んでいる生徒さんや親御さんが大勢いらっしゃいます。

中学生で不登校状態の方で、進路に悩んでいる場合は、ふたつの点を考慮することをおすすめします。

ふたつの点とは、「不登校の期間」と「不登校の原因」です。
学校を休んだ期間の長さと、学校を休み始めた原因によって、進路の向き不向きがある程度決まります。

例えば、
中学に入ってすぐ、もしくは小学校の頃から不登校状態で、ほとんど中学へ行っていないという方は、無理して全日制高校へ進学しようとしないほうが良いかもしれません。

通信制高校やフリースクールなどで学生生活に少しずつ慣らすほうが心身への負担が軽くて済むでしょう。
アルバイトなども試して、人間関係における耐性をつけてから、大学や専門学校から学校へ復帰するほうが、楽に学生生活に溶け込める可能性が高いです。

また、学校を休み始めた原因が友だち関係だった場合は、不登校で学校を休んでいた期間が長かったとしても、「全日制に行きたい」という気持ちが強ければ、全日制高校を受験してもうまくいく可能性が高いです。

不登校の原因が友だち関係にあるお子さんは、トラブルのあった友だちのいない環境であれば、自然と学校生活を送れる場合が多いためです。
高校で新しい友だちを作ることに不安や心配が強い場合は、カウンセリングで不安を解消するのが良いと思います。

苦手科目と得意科目がはっきりしているお子さんならば、通信制高校と高認を併用するのも一手です。
得意科目は高認で取得し、苦手科目は通信制で単位を取れば、余裕を持って大学受験の準備にも入れます。

学校や勉強に少しずつ慣れていきたい場合は、フリースクールに在籍しておくのも良いでしょう。
フリースクールは民間で経営しているので、内容がさまざまです。
そこがメリットでもあるのですが、高校卒業の資格の取り方もスクールによって異なります。

「高校は卒業しておきたい」という思いを抱いている方は、「行こうかな」と思っているフリースクールで高校卒業の資格が取れるかどうか、取れるとすればどんな取得方法なのか、確認しておきましょう。

受験するなら部活をやめる? 部活するならランクを落とす?

受験勉強に集中するために、部活をやめようかと考えている中学生・高校生の方は、
ぜひ文武両道を目指してください。

「部活で疲れてしまうから受験勉強ができない・・・」
「部活を続けたいけど成績が落ちちゃうから志望校のランクを落とそうかな・・・」

そんなふうに考えるのは、あまり理にかなっていません。

あなたのクラスで、成績が一番の人を思い浮かべてください。
部活も勉強もがんばっている人ではありませんか。

部活は、受験勉強に対する体力と精神力を培ってくれるのです。

特に、運動部に入っている人で受験のために途中で退部しようかと思っている人は、
ぜひ部活を続けてください。

むしろ、部活でももっと高いレベルを目指しましょう。

団体競技の部活(野球、バレーボール、バスケットボール等)に入っている人はレギュラーを、
個人競技の部活(陸上、水泳、テニス等)に入っている人は試合での優勝を、
目指してみてください。

練習のおかげで体力がつき、試合のおかげで集中力・精神力がつきます。
あなたがその部活に入っていたからこそ得られる、貴重なチカラです。

受験のために部活をやめる場合は、部活に費やしていた時間をすべて勉強時間にできる、と自信があれば良いでしょう。

部活をやめたことを後悔したり、部活の時間を勉強時間にまわせなかったりする可能性が少しでもある場合は、部活をしっかり続けてください。
後悔や自信喪失など、ネガティブな気持ちが生じると、結局は受験勉強にも支障が出ます。

受験には、体力と精神力が必要です。
体力と精神力は、部活で養うことができます。
あなたなら、きっと両立が可能です。