休み明けの不登校を象徴する怖い学校イメージ

 
急に学校に行けなくなる・・・
 
多くの不登校経験者さんが
「なぜ自分が学校に行きたくなくなるの?」
「どうしてこのタイミングで不登校になるの?」
と、不思議に思うものです。
 
 
しかし、
誰もが何の前触れもなく学校に行きたくなくなるわけではありません。
 
「不登校が始まりやすい時期」も存在します。

それは、
 
 
 

不登校になりやすい時期とは?

長いお休みが明けると、学校に行きたくない気持ちが出てくるケースが非常に多いです。
具体的には、五月の連休(GW)明け、夏休み明け、春休み明け(新学期)に、不登校が激増します。

5月病タイプの不登校

 
中でも、不登校になりやすい時期ナンバーワンはゴールデンウィーク明けです。
 
「5月病」というワードが流行りましたね。
5月は心身のバランスを崩しやすい時期なのです。
 
「なんとなく身体が不調で・・・」
「なんだか学校に行きたくなくて・・・」
GW明けに、そんな気持ちになって
学校を休み始める方はとても多いです。
 
5月病の一種だといえるでしょう。
 

「5月病の不登校」2タイプ

 
5月病になりやすい人は、
大きく分けて2タイプいます。  
 
 
ひとつめのタイプは、
「真面目燃え尽きタイプ」です。
 
4月に新年度を迎え、
適度な緊張とともに仕事や勉強に励んできたけれども
5月になって慣れとともに緊張が一気にほどけて疲れてしまった・・・
というタイプです。
 
 
ふたつめのタイプは
「不安爆発タイプ」です。
 
分離不安を抱えている人に多いです。
4月からずっと、不安を我慢してきたけれど、
5月の連休で家にいる機会が増えたら
里心のようなものがついて
学校へ行くための我慢を出来なくなってしまった・・・
というタイプです。
 
 
いずれも、一種の適応障害を起こしている状態です。
 
いずれのタイプも少し休むことが必要です。
しかし、いずれはまた適応していくことになります。
心身のパワーを蓄えてから再出発することになるでしょう。
 
 
 

夏休み明けの不登校

夏休み明けも、不登校が発生しやすい時期です。
 
夏休み明けに不登校になる人は、
夏休みの過ごし方に原因があることが多いです。
 
 
夏休みにダラダラと、
昼夜逆転し勉強もまったくしないで過ごしてしまうと、
心身のエンジンがかかりづらくなります。 
 
そうならないためにも、
夏休みの過ごし方を気をつけていく必要があります。
 
 
夏休みにダラダラ過ごしてしまったために不登校になってしまった方は
少し自分に厳しくしてみても良いかもしれません。

一方で、夏休み明けは子どもの自殺が最も多い時期でもあります。

もし、お子さんが夏休み明けに登校しぶりをした場合、親御さんが「とにかく学校へは行きなさい!」と無理強いしてしまうと逆効果どころかお子さんの命にもかかわる可能性もあります。

まずは、じっくり話を聴いてあげてください。
 
こちらの記事もぜひご覧ください
夏休み明けに子どもの自殺が最も多くなる理由 ~自殺防止と不登校対策のために~

また、小学生・中学生・高校生・大学生の方で、死んじゃいたくなるほど学校に行きたくない気持ちがある方は、心療内科で診断を受けお薬をもらったり、心理や不登校の専門家、カウンセラーに相談したりすることで状況が改善するケースが多々あるということをぜひ知っておいてください。

 
 

新学期の不登校

 
新学期に、
新しいクラスや進学先の学校に行けなくなってしまう人も
少なくありません。
 
 
春休み明け、新学期に
不登校になりやすい方は、
たいてい、それまで(昨年度)の学校生活にヒントがあります。
 
 
例えば、
中学3年生まで勉強に部活にがんばってきて
先生からも友だちからも信頼されていた人の場合、

「高校でも誉められるだろうか」
「進学校に入れたものの、みんなが同じレベル。中学とは逆に落ちこぼれたらどうしよう」

・・・といった不安にかられることもあります。
 
このように、
自己愛が高めで承認欲求が強く不安に耐性が少ない方は、
新学期、特に進学した際に、不登校になることがあります。
 
 
また、
友だち関係に不安がある方や
先生との相性に過敏な方も
新学期に不登校になりやすいです。
 
「新しいクラスでは友だちが出来るか不安だなあ」
「今度の担任の先生が怖い人だったらどうしよう」

・・・そんな不安や心配があると、
学校に行きづらくなることがあります。
 
 
新学期や進学時に不登校になりやすい方は、
不安耐性やストレス耐性をつけることが最優先事項になると思います。
 
 
 
えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「登校しぶり」「休み明けの『学校に行きたくない』発言」等のテーマについて、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

行き渋りイメージ画像

「行き渋り」の心理

子どもさんが、次のような行動を取ることはありませんか。


朝になると「学校に行きたくない」と言う、
朝、暗い顔でけだるそうに登校の支度をする、
お腹が痛い、頭が痛いといって学校を休もうとする、


いずれも、学校への「行き渋り」の行動例です。


学校への「行き渋り」をする子の心理状態は、どんなものでしょうか。



「学校へ行きたくない」とはっきり口にする子の「行き渋り」の心理

「学校へ行きたくない」とはっきり言う子は、
自分の気持ちを素直に言葉に出来ています。


過度に心配する必要はないでしょう。


ただし、これまで元気に学校に行っていた子が
「学校に行きたくない」と悲痛な顔をして行き渋る場合は、
原因をある程度特定する必要があります。


親御さんは、問い詰めるのではなく、「学校で何かあったの?」と
優しく促してあげると良いでしょう。


その結果、
いじめやいやがらせ、セクハラなど、子どもにとって言いづらい事実を話してくれた場合は、
「話してくれてありがとう」
と話した勇気をたたえてあげましょう。


そして、
その後の対応について、子どもさんと相談しながら決めていきましょう。


対人関係のトラブルの場合は、
行き渋りをした当日は学校を休ませてあげても良いと思います。
対人関係のトラブルがなくなれば、自然と学校へ行く可能性が高いからです。



登校の支度をけだるそうにしている子の「行き渋り」の心理

教科書や筆記用具を何度もランドセルに出し入れしたり、
朝食や洗面をだらだらとゆっくりしていたり・・・


親御さんからすると、
「もう、何やってんの! 早くしなさーい!」と叱りたくなりますよね。


そんな、登校の支度がはかどらないタイプの「行き渋り」は、
「察してほしい」気持ちのあらわれです。
「甘え」ともいえるでしょう。


さっさと支度しなさい、という苛立ちを抑えて、
冷静に尋ねてあげると功を奏することがあります。
優しく聞いてあげると、学校に行きたくない理由を言い出すかもしれません。


また、この登校の支度が遅くなる「察してほしい」行き渋りタイプの子は、
甘えたい気持ちが満たされると学校へも行きやすくなることがあります。


ぎゅっと抱きしめてあげたり、「がんばってるね」と頭をなでてあげたりすると、
翌日から急に元気に登校し始めたりします。


ただし、「察してほしい」行き渋りタイプの子に、
あまりスキンシップをしすぎると、逆効果です。


このタイプの子は、
「学校に行きたくない」とハッキリ言えなかったり、
学校に行きたくない理由を言葉で表現できなかったりしています。
つまり、
人から察してもらうことで自分の気持ちを言わずに済ましてしまう傾向があるのです。


小学校低学年ならまだ良いですが、
小学校高学年から中学生高校生になっても、
察してタイプの行き渋りをしているなら、
自分の気持ちをしっかり言葉にする練習が必要でしょう。


情緒表現を、言語化していく必要があるのです。


スキンシップは、非言語的な愛情表現ですから、
情緒表現の言語化を妨げてしまう恐れがあるのです。


感情をうまく言葉にすることが出来るようになってくると、
不登校の心配もなくなるでしょう。



朝、「お腹が痛い」「頭が痛い」と症状を訴える子の「行き渋り」の心理

朝、腹痛や頭痛、微熱、吐き気といった身体症状を訴えて、
学校に行き渋る子はとても多いです。


身体症状を訴えるタイプは、
不登校の長期化に、最もつながりやすいタイプのひとつです。


特に、小学生や中学1年生くらいでは、
この身体症状を訴える子が「行き渋り」に一番多いタイプと言えるのではないでしょうか。


比較的低年齢でこの身体症状による行き渋りタイプが多いことからわかるように、
この身体症状による行き渋りが生じるのは、情緒の言語化がうまく出来ないためです。


「学校に行きたくない」と言葉に出来るなら、まだ良い方だと考えましょう。


「学校に行きたくない」と自分の意思を伝えるのでなく、
「お腹が痛いから学校に『行けない』」
「気持ちが悪いから学校に『行けない』」
・・・気持ちが言語化しづらい低年齢の子にはありがちです。


しかし、
中学校2,3年生や高校生になっても身体症状による行き渋りがあるなら、
日ごろから感情を抑えすぎているかもしれません。


また、それまで不安やさびしさといった感情に目を向けたことがあまりなかった子、
勝気で強気な子も、
学校に行きたくないと感じたときや、
学校で劣等感を抱いたときなどに、
腹痛・頭痛・微熱・吐き気といった身体症状が出やすいです。


身体症状が出るということは、細かな感情に目を向ける必要が出てきたということです。
心の声が、腹痛や頭痛、微熱、吐き気に形を変えて出てきているのです。


身体症状による行き渋りタイプの子には、
お父さんお母さんが「その症状は心の声なんだよ」と教えてあげてください。


症状はどんな気持ちを意味しているのか、お子さんといっしょに考えてあげてください。


症状が表している「心の声」を言葉として理解できれば、
お子さんは不登校状態から脱していると思います。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。


「不登校」「行き渋り」「学校に行きたくない心理」等について、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

学校復帰できることが不登校の解決?



子どもさんが学校に行けなくなってしまうと、親御さんは深く苦悩なさいます。

不安感や無力感を抱く子どもさんに対して、親御さんはなんとかしてあげたいと思うようになります。

「どうしたら不安を取り除いてあげられるだろうか」

・・・そのように悩んでおられるならば、
親子二人三脚で、
あるいは不登校の専門家とともに三人四脚で、
一日でも早く子どもさんの悩みが軽くなるようにしていくことができます。



不登校について、親の悩み方にも違いがある



しかし、次のように悩む親御さんも少なくありません。

「どうしたら学校に戻れるだろうか」

・・・この場合、不登校の解決は「学校復帰」のみとなります。


もちろん、えむ心理研究室も義務教育の間は出来るだけみんなと同じように学校に通ったほうが良いと考えています。
(例外はあります)

そして、
子どもさんが本心から
「学校にまた行けるようになりたい」
と願っている場合は、
お父さんお母さんの「学校復帰」に向けての努力も無駄にはならないでしょう。



親の「学校に戻るには?」が子どもの負担になることも



一方で、
子どもさんが「学校に行きたくない」という気持ちが強い場合は
親御さんの「どうしたら学校に戻れるだろうか」という苦悩が子どもさんにとって逆効果になる可能性が高いです。


また、
子どもさんが親の顔色をうかがう傾向の強いいわゆる「良い子」の場合、
本当は「学校に行きたくない」と思っていても
親御さんの「学校に戻って!」という期待にこたえようと無理してしまうこともあります。


もし、不登校の子どもさんに学校復帰してほしいとお考えならば、
親御さんにはぜひいちど、「どうしたら学校に戻れるだろうか」という考えを保留にしていただきたいと思います。



不登校についてのより良い考え方



では、不登校の子どもさんに対して親御さんはどういう考え方・接し方をするのが良いのでしょうか。

不登校の子どもさんに大しては、
「どうしたら学校に戻れるだろうか」
ではなく、
「どうしたら子どもの不安を取り除いてあげられるだろうか」
と考えてみてください。



どうしたら子どもは再び学校に行けるようになる?



子どもさんは、不安がなくなれば自然と学校に戻ることでしょう。
あるいは、
自分で自分の道を見出し、学校へ行かなくても成長・自立の道を歩むことでしょう。


不登校の解決は、学校復帰だけではありません。

悩みの解決が中途半端なまま学校復帰しても、
問題の根っこは子どもさんの心の中に残っています。
まずは、子どもさんの心の中の問題を少しずつひもといていきましょう。

問題がはっきりして不安が解消し始めれば、
子どもさんは前を向いて歩き始めます。



不登校は貴重な機会。学校復帰をあせらずに!



不登校で学校を休んでいる期間は、親子にとって、とても貴重な機会です。


子どもさんに対して登校刺激をしてしまいたくなったら、
「学校に行きなよ」という言葉を少しだけ飲み込んで、
じっくりと子どもさんと話し合いをしてください。
学校のことだけでなく、いろんなことを話し合いましょう。


「とにかく学校復帰!」とあせらずに、
学校のこと、家のこと、これからのこと、
ぜひ親子でいろんなことを穏やかに話し合ってみてください。
きっと、普通に学校に行っているだけでは気づけないようなすばらしいことに親子で気づけるはずです。


不登校は親子で成長する機会です。
えむ心理研究室は親御さんと子どもさんを心から応援しています。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「学校復帰」等のテーマについて、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

子どもさんが「学校に行きたくない」と言い出したら


子どもさんが突然、「学校に行きたくない」と言い出した・・・
親御さんにとっては頭の痛い問題ですよね。

しかも、
子どもさんがさめざめと泣きながら「もう、学校に行きたくない」と言っていたら・・・

「休んでいいよ」と言ってあげたい気持ちと、
「行きなさい」と言いたい気持ちと、
親御さんには葛藤が生じると思います。
下手に休ませて、不登校になってしまっても・・・と悩むことでしょう。


「子どもの『学校に行きたくない』」親の葛藤の解決方法


子どもさんが「学校に行きたくない」と言い出したら、
どうしたら良いでしょうか。

まずは、理由を聞いてあげてください。

できるだけ、優しい口調で聞いてあげてください。

「どうして学校に行きたくないの?」

たいていの子どもさんは、学校に行きたくない理由を言うと思います。

その理由によって、
「休んでいいよ」と許可するか、
「行きなさい」と促すか、
考えましょう。

頭ごなしに「ダメ!行きなさい!」と叱るのでは、
子どもさんの真剣なSOSを見逃してしまう可能性があります。




「学校に行きたくない」
どんな理由なら休ませても良い?


とはいえ、
ご家庭によって、休ませても良いかどうかの判断は異なると思います。

どんなケースなら休ませても良くて、
どんなケースなら行かせたほうが良いか、
一概には言えませんが、休ませるか行かせるかの「目安」を述べたいと思います。



「休んでいいよ」と言って欠席させても良い場合


・子どもさんがいじめに遭っている場合

学校に行きたくない理由が「いじめ」なら、まずは休ませてあげたほうが良いでしょう。
心だけでなく、身体的な「危機」を回避するためです。

子どもさんに詳しい話を聴いて、
子どもさんと相談した上で担任の先生にも相談しましょう。

いじめの度合いにもよりますが、
1日休んで親御さんと話をすれば、お子さんはかなり心の落ち着きを取り戻せます。

悪質かつ陰湿ないじめでなければ、
翌日からは勇気を持って登校するお子さんも多いです。


・腹痛・頭痛・嘔吐・吐き気・微熱などの症状がある場合

明らかに風邪などの症状とは異なり、
不登校の初期によくある腹痛・頭痛・嘔吐・吐き気・微熱などの身体症状がある場合は、
「休んでいいよ」というよりいったん欠席させて病院に連れていきましょう。

身体的な疾患なのか、心因性のものなのか、早めにはっきりさせることが大切だからです。

腹痛・頭痛・嘔吐・吐き気・微熱などが心因性の症状ならば、
それらの症状は子どもさんの「心の叫び」です。

子どもさんが中学生高校生なら、何を叫ぼうとしているのか、
症状の「意味」をお父さんお母さんといっしょに考えていくと良いでしょう。

もちろん、親子間では感情的になったり本音も言いづらかったりするかもしれません。
カウンセリングを活用するのも有効です。



「行きなさい」と登校を促したほうが良い場合


・学校に行きたくない理由が「勉強がわからないから」など学習面に問題がある場合

「勉強がわからない」「授業についていけない」「先生の話がわからないからつまらない」など、
学習面の問題が子どもさんの「学校に行きたくない」理由である場合は、
登校させるほうが良いケースのほうが多いです。

学習面の問題が「学校に行きたくない」理由である子どもさんは、
勉強でつまづいているだけでなく、
現実逃避することで問題を解決しようとする傾向があります。

「授業で指されて答えられなかった」
「内容のわからない授業を受けているのが苦痛」
・・・そのような理由で学校を休みたがるのは、
「自分がかっこ悪いところを人に見せたくない」
「勉強ができない自分を認めたくない」
などの感情によるものです。

少々ゆがんだ自尊心(プライド)が根底にあることが多いです。

自尊心が傷つくのが怖くて学校を休み始めてしまうと、引きこもりになりやすくなります。

もっと些細なことでも傷つくのが怖くなってしまうからです。

登校をうながしながら、
「素直に『授業がわからないんです』と先生に言って勉強の仕方を教えてもらってごらん」
とか
「学校から帰ってきたら、お母さんといっしょに復習しよう」
など、
学習面の問題を前向きに解決するようにしましょう。

・子どもさんが小学校低学年の場合

小学校低学年は、勉強だけでなく集団生活の中からさまざまなことを学ぶ時期です。

この時期に不登校になってしまうと、
小学校高学年、中学校になってもなかなか学校復帰できなくなるケースが多いです。

集団の中にいれば、多くのことを体験します。
傷つくこと、矛盾していること、人と比較されること・・・子どもさんはさまざまな試練に出会います。
今後の人生の中でも必ず何度も訪れる試練です。

それらの試練に適度な耐性をつけるためにも、
小学校低学年のうちは出来れば登校させたほうが良いでしょう。

ただし、ひどいいじめに遭っていたり、発達障害の可能性がある場合は別です。
まずは、子どもさんの話をよく聴いてあげてください。






えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「お子さんの『学校に行きたくない』発言」「子育てにおける葛藤」等について、
ご質問やもっと詳しく知りたいことなどがありましたら
お気軽にお問い合わせフォームからメッセージをお寄せください。
無料で簡単なアドバイスをいたします。

学校に行きたくないイメージ画像

小学生の「学校に行きたくない」・・・どうしたらいい?

お子さんが「学校に行きたくない」と言い出したとき・・・どんなお父さんお母さんも驚きます。
そして、対応に悩みます。

「休んでいいよ」と言っていいのか?
それとも「絶対ダメ!」と叱り飛ばして行かせるべきか?
それとも・・・?

「学校に行きたくない」への対策は「話を聴くこと」
小学生のお子さんが「学校に行きたくない」と言い出した場合は、まずはとことん話を聴いてあげましょう。

「休んでいいよ」とも「行きなさい」とも言わずに、ただ「どうしたの?」と理由を聴いてあげてください。

じっくり聴いてあげていると、たぶん、行きたくない理由を話してくれることと思います。

例えば、「友だちとケンカした」とか、「授業がわからなくてつまらない」とか、いろんな理由を話してくれるでしょう。

聴いてあげる時間は、5分10分では短いです。
とことん、お子さんの話が途切れるまで、聴いてあげましょう。

20分30分と聴いていると、行きたくない理由だけでなく、その背景や経緯も話してくれるでしょう。
ケンカする前の友だち関係や、授業中に指されて答えられず恥ずかしい思いをしたことなど・・・。

まだまだ小さい小学生でも、毎日いろんなことを感じ考えて、傷つき耐えているとわかると思います。

小学生は、心身が未成熟だからこそ、些細なことでも大事件ととらえます。
大人には小さなことでも、子どもにとっては一大事です。

そんな波乱万丈な日常生活を、お子さん自身がしっかり言葉にすることがとても大切です。

ぜひ共感しながら聴いて、お子さんの体験を共有してあげてください。

お子さんにとって、大好きな親御さんに自分のことを「わかってもらえている」と感じることがとても重要なのです。

小学生のお子さんにとって、親御さんの存在は「安全基地」です。
家庭が安心できる場所であればあるほど、学校や塾などの社会的な場所へ安心して出かけていけます。

心行くまで話し終えれば、おそらくたいていのお子さんがケロッとして、「やっぱ、学校行こうかな」と言ってくれることでしょう。