どうしたら学校復帰してくれる?



お子さんが不登校になった親御さんが、必ず考えること・・・

それは、

学校復帰について。

「いつ学校復帰するのだろう?」
「どうしたら学校復帰するのかしら?」

と、親御さんはきっと考えることでしょう。



不登校のお子さんを学校復帰しやすくするには

不登校のお子さんを学校復帰しやすくする方法はあるのでしょうか。


不登校のお子さんがどんな性格でも、共通して言えることは、ひとつ。

学校復帰させたいなら、
学校復帰を強要しないことです。

「学校に行きなさい」と叱ったり、
「どうして学校に行かないの?」と問い詰めたり、
「いつになったら学校に行くの」とプレッシャーを与えたり・・・
いずれも学校復帰の強要にあたります。


なぜ学校復帰を強要してはいけないの?

不登校のお子さんに対して、親御さんが
「学校に行きなさいよ」
「いつまで休んでいるつもりなの?」
と学校復帰を強要すると、どうなるでしょうか。

逆に不登校が長続きしたり、親子関係が良くなくなったりする可能性があります。


真面目で責任感の強い不登校のお子さんの場合

たとえば、
不登校のお子さんが、真面目で責任感の強い性格だったら、どうでしょうか。
お父さんお母さんから「学校に行きなさい」と言われたら・・・

真面目で責任感の強いお子さんならば、
親御さんから「学校に行きなさい」と言われる前から、
「学校に行かなきゃ」と必死に思っているはずです。

「行かなきゃ、と思っているのに、行けない」
「行けない自分のことが、とても恥ずかしい」
そんなふうに、自分に自信をなくしている可能性も高いでしょう。

そんなとき、お父さんお母さんから学校復帰をせかされたら、
自分のことを追い詰めてしまうと思います。

お父さんお母さんに対して申し訳ないという気持ちも強くなり、
家に居ても落ち込んでしまうことが増えるかもしれません。

不登校のお子さんが、真面目で責任感の強い性格だったら、
優しく見守ってあげましょう。
そして、学校復帰を強要するよりもむしろ、
「焦らなくていいんだよ」と安心させてあげましょう。

真面目なお子さんならば、
「中学生ならば中学校に行くもの」
「高校生ならば高校に行くもの」
という観念がしっかりあることと思います。

気持ちが落ち着き、自分の心が整理できれば、
自然と学校に再登校することを視野に入れるはずです。

不安感の強い不登校のお子さんの場合

不登校のお子さんが不安感の強い神経質な性格だったらどうでしょうか。

不安感の強いお子さんは、
学校に行っているときも不安だったけれど、
休み始めても学校に対して不安を感じていることが多いです。

不登校になると、不信感も強まっているかもしれません。
不登校になったばかりの頃は、「家族だけが唯一の味方」と思っていることもあるでしょう。

そんなときに、お父さんお母さんが
「学校に行きなさい」「いつから学校に行くの」と言っても、
逆効果です。

かえって、
「お父さんお母さんも信じられない」「自分には味方が誰もいない」と
思いつめてしまうかもしれません。

すると、
不登校の二次障害として、
不安障害や妄想性障害などの精神疾患に結びつく可能性も出てきます。
長期の引きこもりにもなりやすくなってしまいます。

不安感の強い不登校の方は、
まずは不安感を軽減することに力を注いだほうが良いでしょう。

カウンセリングを受けたり、抗不安薬を服用したりして、
不安感を軽減していきましょう。

不安感の強いお子さんは、賢くて真面目な子が多いです。
不安と上手に付き合えるようになれば、
自然と自分の今後について考えていけるはずです。

無気力な不登校のお子さんの場合

不登校のお子さんが、無気力で家でごろごろしているだけの場合を考えてみましょう。

無気力な状態のときに、
「学校に行きなさい」とか
「いつになったら行くの」といわれても、
お子さんは「うるさいなぁ」としか思えないようです。

無気力になってしまうお子さんの多くは、
自信のなさが根底にあります。

自信がないから無気力になってしまう、
無気力だと、何かにチャレンジしようと思っても出来ない。
チャレンジしようとも思えなくなってしまう。
すると、さらに自分に無力感を抱いて、また自信を失ってしまう・・・

そんな悪循環が繰り返されてしまいます。
心理学用語で「学習性無力感」という状態に近いです。

無気力な不登校のお子さんにとって、
学校に行くことは「今の自分には出来ないこと」です。

お子さんは、無気力なふうにしていても、
心の中では(無意識かもしれませんが)とても苦悶しているはずです。

そんなときに、
お父さんお母さんから「学校に行きなさい」と言われたら・・・

「出来ないこと」をつきつけられて、
無力感の上塗り、無気力の促進になってしまう可能性が高いです。

不登校のお子さんが無気力な場合には、
まずは、その無気力さについてしっかり話し合いましょう。

最初は、話し合うことに抵抗を示すと思います。

そうしたら、無理強いせずに、
「少しゆっくり休みなさい。
でも、無気力な状態があまり続くのは心配だから、
来週になったらまた話し合おう」
と、時間的な猶予を与えてあげましょう。

不登校のお子さんが無気力になってしまう理由について、
問い詰めるのではなく、じっくりゆっくり話を聞いてあげてください。


今の学校への復帰を目指すのでなく・・・

「学校復帰」というと、
現在休んでいる小学校・中学校・高校への復帰をイメージすると思います。

けれども、
お子さんにとって最善の道が、「今の学校への復帰」であるとは限りません。

いじめや友だち関係のトラブルがある場合は、
転校するという形の学校復帰もあるでしょう。

高校生の場合は、
通信制やフリースクール、高認などで
結果的に「学校復帰」することもあるでしょう。


親御さんが、
「今の学校に再び行けるようになること」に執着しすぎると、
お子さんの精神的健康が先延ばしされてしまうこともあります。

まずはお子さんの視点で、お子さんの気持ちになって、
考えてみてあげてください。



えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。

「不登校」「学校復帰」「親の対応」等について、
ご質問やもっと詳しく知りたいことなどがありましたら
お気軽にお問い合わせフォームからメッセージをお寄せください。
無料で簡単なアドバイスをいたします。

「成績を上げたい!」「やる気を出したい!」・・・心理学的に効果があるのは?

成績を上げたい、やる気を出したい・・・誰もが思いますよね。

ちょっとした気持ちや行動の変化で、成績ややる気は格段にアップします。

成績ややる気をグンとアップさせるには、どうしたらいいのでしょうか。

「自己効力感」という心理学用語を、知っていますか。

自己効力感とは、「自分が、自分以外の何かに働きかけられる、という感覚」のことです。
「自分は何かができる!と信じていること」です。

この自己効力感が適度に高いと、自分に自信があるわけですから、自然とやる気も高くなります。
すると、勉強に運動にも精が出て、人間関係もうまくいく・・・理想ですね。

以前こちらで紹介した「学習性無力感」とは、ほぼ逆の感覚ですね。
学習性無力感は「やればやるほど自信をなくし、ついには絶望してしまう感覚」ですので。

でも・・・ここまで読んで、こんなふうに思った方もいるのではありませんか?

「そんなに簡単に自己効力感が抱けるのなら、苦労しないよ」

たぶん、そう思った方は、
今現在、成績が思うように上がらないか、がんばりたいのにやる気が出ないか、どちらかの悩みを抱えている人だと思います。

成績が思うように上がらないのも、がんばりたいのにやる気が出ないのも、
自己効力感をうまくつかめないタイプの人にありがちな行動パターンだからです。

今回は、「自己効力感」だけ、憶えておいてください。
すべての人がもともと持っている、自分に自信をつけてくれるすばらしい感覚=自己効力感、です。

簡単に自己効力感を高めるにはどうしたらいいかについては、また別の記事に書きたいと思います。

学習性無力感イメージ画像

学習性無力感

学習性無力感とは、自力ではどうにもならない状況が続くと、自分に自信がなくなりどんな状況でもやる気がなくなってしまうことを指す心理学用語です。

学習性無力感は、仕事や勉強にも関連するので応用的な研究が進められています。

たとえば、勉強でどうしてもわからない問題が続いたり、テストで悪い点を取り続けたりしてしまった人は、学習性無力感状態になりやすいです。
このような経緯で学習性無力感状態になった人は、ほんの少し勉強すればわかるような問題に行き当たったときでも、「どうせ自分にはできないから」と思い込み、勉強することすらあきらめてしまいがちなのです。

学習性無力感を克服するには、ひとつずつ、成功経験を積むことが大切です。

お子さんが学習性無力感かもしれない親御さんへ

もし、お子さんが学習性無力感状態かもしれないなら、お父さんお母さんは、どんなに小さなことでもお子さんをほめてあげてください。
勉強以外のことでも、どんどんほめてあげてください。

お子さんに「自分は、できるんだ」と自信をつけてあげることが何よりも重要です。

お子さんが自信を失うような言動は控えましょう。
例えば、
「なんでできないの?」
「もっと勉強しなさいよ!」
といったセリフは基本的にNGです。

言わざるを得ないような場合でも、必ず言い方を工夫してください。
学習性無力感状態のお子さんは、過度な自信喪失状態です。
まったく自信を失っている人でも受け入れられるような言い方を心がけてください。

自分は学習性無力感かもしれないと思う方へ

自分の今の状態が「学習性無力感に当てはまるかもしれない」と思った方は、何かひとつ、小さな目標を決めてその目標に向けて努力すると良いでしょう。

本当に小さな目標でいいのです。

勉強に関する目標ならば、例えば「教科書を一行だけ読む」とか、「漢字をひとつだけ書く」など、ごく短時間、ほんの1分でできる目標を立てて、実践してみてください。

無理をせず、本当にひとつずつでいいので、「自分のペースでやる気を生み出せている自分」を実感していくことをおすすめします。