家 白 黄色 がけっぷち感

不登校は子どもの問題?

不登校のお子さんだけをカウンセリングに通わせるおうちもありますが、実は不登校は家族全体の問題・課題であることがほとんどです。
お子さんだけが不適応なわけではなく、家族の問題・課題がお子さんの不適応行動として象徴的に発露しているのです。

今、この記事と読んでいますか

もし、この記事をお母さんひとりでお読みいただいている場合。
可能であれば、この記事は、お母さんひとりで読むのではなくお父さんやおじいちゃんおばあちゃん、年齢の大きいお兄さんお姉さんもいっしょに読んでください。

↑こちらについて、

「すでに夫といっしょに読んでる」
「夫が見つけて、自分も読んだところ」
「子どもも含めて家族で読んだ」
・・・という方は、お子さんの不登校のみならず家族関係の改善可能性がとても大きいです。
家族で変わっていくために、とても努力なさっていると思います。
家族で変わろうとしている姿勢をこれからもキープしていってください。

一方、
「読んでもくれないよ・・・」
「読ませたってどうせ変わってくれないし・・・」
「読ませる人がいないよ・・・」
・・・と思ったお母さん。

あなたのおうちの問題は、「お子さんが不登校であること」ではなく「お母さんが孤軍奮闘していること」です。そこを自覚してください。

■不登校は「子どもの問題」ではなく「家族の課題」

お母さんがひとりでがんばらざるを得ない状況を解消していくようにしましょう。

「子どもを治そう」とするよりも、「家族の中に協力者を見つけよう」「家族を協力者として育てよう」とすることのほうが先決です。
そうすると、お子さんとの関係もどんどん良くなると思いますしお子さんの不適応行動も改善してくるでしょう。

誰も協力してくれる人が浮かばない場合や、何も解消法が浮かばない場合は、外部機関をもっと頼ることを視野に入れると良いと思います。学校や市区町村に相談するのでも良いと思います。

不登校を「お子さんの問題」としてではなく「家族全体の課題」としてとらえていってください。

家族の課題として不登校をとらえることが出来たおうちは、どんどん改善していっています。

カウンセリングを検討くださっているおうちは、家族みんなで受ける家族カウンセリングを受けてみてください。

特にお子さんが中学生・高校生の場合は、家族カウンセリングのほうが効果が出やすいと思います。

お子さんが小学生の場合は、まだ言語化が難しいこともありますのでお子さんのカウンセリングは別のときにして、お父さんお母さんが夫婦カウンセリングを受けると改善しやすい傾向があります。

不登校を家族の課題として受け止めていくと・・・「数年後に家族みんなで『あのときは大変だったね~』なんて笑い話になればいいなと思っていたら、本当にそうなりました。家族で頑張って良かった!」・・・と、きっと言えるようになります。