行き渋りイメージ画像

「行き渋り」の心理

子どもさんが、次のような行動を取ることはありませんか。


朝になると「学校に行きたくない」と言う、
朝、暗い顔でけだるそうに登校の支度をする、
お腹が痛い、頭が痛いといって学校を休もうとする、


いずれも、学校への「行き渋り」の行動例です。


学校への「行き渋り」をする子の心理状態は、どんなものでしょうか。



「学校へ行きたくない」とはっきり口にする子の「行き渋り」の心理

「学校へ行きたくない」とはっきり言う子は、
自分の気持ちを素直に言葉に出来ています。


過度に心配する必要はないでしょう。


ただし、これまで元気に学校に行っていた子が
「学校に行きたくない」と悲痛な顔をして行き渋る場合は、
原因をある程度特定する必要があります。


親御さんは、問い詰めるのではなく、「学校で何かあったの?」と
優しく促してあげると良いでしょう。


その結果、
いじめやいやがらせ、セクハラなど、子どもにとって言いづらい事実を話してくれた場合は、
「話してくれてありがとう」
と話した勇気をたたえてあげましょう。


そして、
その後の対応について、子どもさんと相談しながら決めていきましょう。


対人関係のトラブルの場合は、
行き渋りをした当日は学校を休ませてあげても良いと思います。
対人関係のトラブルがなくなれば、自然と学校へ行く可能性が高いからです。



登校の支度をけだるそうにしている子の「行き渋り」の心理

教科書や筆記用具を何度もランドセルに出し入れしたり、
朝食や洗面をだらだらとゆっくりしていたり・・・


親御さんからすると、
「もう、何やってんの! 早くしなさーい!」と叱りたくなりますよね。


そんな、登校の支度がはかどらないタイプの「行き渋り」は、
「察してほしい」気持ちのあらわれです。
「甘え」ともいえるでしょう。


さっさと支度しなさい、という苛立ちを抑えて、
冷静に尋ねてあげると功を奏することがあります。
優しく聞いてあげると、学校に行きたくない理由を言い出すかもしれません。


また、この登校の支度が遅くなる「察してほしい」行き渋りタイプの子は、
甘えたい気持ちが満たされると学校へも行きやすくなることがあります。


ぎゅっと抱きしめてあげたり、「がんばってるね」と頭をなでてあげたりすると、
翌日から急に元気に登校し始めたりします。


ただし、「察してほしい」行き渋りタイプの子に、
あまりスキンシップをしすぎると、逆効果です。


このタイプの子は、
「学校に行きたくない」とハッキリ言えなかったり、
学校に行きたくない理由を言葉で表現できなかったりしています。
つまり、
人から察してもらうことで自分の気持ちを言わずに済ましてしまう傾向があるのです。


小学校低学年ならまだ良いですが、
小学校高学年から中学生高校生になっても、
察してタイプの行き渋りをしているなら、
自分の気持ちをしっかり言葉にする練習が必要でしょう。


情緒表現を、言語化していく必要があるのです。


スキンシップは、非言語的な愛情表現ですから、
情緒表現の言語化を妨げてしまう恐れがあるのです。


感情をうまく言葉にすることが出来るようになってくると、
不登校の心配もなくなるでしょう。



朝、「お腹が痛い」「頭が痛い」と症状を訴える子の「行き渋り」の心理

朝、腹痛や頭痛、微熱、吐き気といった身体症状を訴えて、
学校に行き渋る子はとても多いです。


身体症状を訴えるタイプは、
不登校の長期化に、最もつながりやすいタイプのひとつです。


特に、小学生や中学1年生くらいでは、
この身体症状を訴える子が「行き渋り」に一番多いタイプと言えるのではないでしょうか。


比較的低年齢でこの身体症状による行き渋りタイプが多いことからわかるように、
この身体症状による行き渋りが生じるのは、情緒の言語化がうまく出来ないためです。


「学校に行きたくない」と言葉に出来るなら、まだ良い方だと考えましょう。


「学校に行きたくない」と自分の意思を伝えるのでなく、
「お腹が痛いから学校に『行けない』」
「気持ちが悪いから学校に『行けない』」
・・・気持ちが言語化しづらい低年齢の子にはありがちです。


しかし、
中学校2,3年生や高校生になっても身体症状による行き渋りがあるなら、
日ごろから感情を抑えすぎているかもしれません。


また、それまで不安やさびしさといった感情に目を向けたことがあまりなかった子、
勝気で強気な子も、
学校に行きたくないと感じたときや、
学校で劣等感を抱いたときなどに、
腹痛・頭痛・微熱・吐き気といった身体症状が出やすいです。


身体症状が出るということは、細かな感情に目を向ける必要が出てきたということです。
心の声が、腹痛や頭痛、微熱、吐き気に形を変えて出てきているのです。


身体症状による行き渋りタイプの子には、
お父さんお母さんが「その症状は心の声なんだよ」と教えてあげてください。


症状はどんな気持ちを意味しているのか、お子さんといっしょに考えてあげてください。


症状が表している「心の声」を言葉として理解できれば、
お子さんは不登校状態から脱していると思います。




えむ心理研究室では、プロ家庭教師の学習支援や臨床心理士のカウンセリングを通して、
さまざまな悩みを抱えるお子さんと、そのお父さんお母さんのお手伝いをしております。


「不登校」「行き渋り」「学校に行きたくない心理」等について、学習支援やカウンセリングをご検討中の方はメールフォームからお申込み・お問合せください。

不登校は甘えイメージ画像

不登校は甘え?それとも甘えじゃない?

「不登校の子は甘えているだけ・・・」
「不登校の子は心が弱い・・・」
そんなふうに厳しい言葉を言われてしょんぼりしてしまったお子さんや親御さんはとてもたくさんいらっしゃいます。

「自分は甘えてるだけなのかな」
「自分は弱いのかな」
・・・そう思って、余計に自分を追い詰めてしまいますよね。

不登校は甘えか、甘えではないのか?

答えは一概には言えませんが、
もし「甘え」を「逃避」とか「弱さ」とか「依存」という意味で使っているなら、
不登校のお子さんの75パーセントは「甘えではない」と言えると思っています。
75パーセントとは、微妙な数字かもしれませんが(汗

例えば、
いじめや友だち関係の悩み、学校生活の悩みなどがあって学校を休み始めたお子さんは、
「他の大勢の同級生は学校に行っているのに、学校に行かない」という意味では「逃げている」と言えるかもしれません。
しかし、あえて「学校に行かない」という道を選び、その後の選択肢を考えているのであれば、
「逃げている」という意味での「甘え」ではないと思います。

また、お母さんと離れて学校生活を送ることに不安を感じる「分離不安」のお子さんが、
腹痛や微熱などの症状で学校を休み続けているとしたら、「甘え」と言えるかもしれません。

しかし、腹痛や微熱などの症状(「疾病利得」と呼びます)の助けを借りず、
お子さん自らが「自分はお母さんと離れることに不安を感じている」と自覚し、
「不安を軽減し、克服する努力をしよう」とし始めるなら、
不登校を続けたとしても、「甘え」ではなくなるでしょう。

一方、
学校に行かず、家族以外との交流を持たず、統合失調症やうつ病などの心因性疾患がなく、
なおかつ学校に行かない状態の自分を省みようとしないお子さんの場合は、
残念ながら「逃避」や「依存」という意味での「甘え」と言えるでしょう。

このようなお子さんは、長期のひきこもり状態になる可能性があります。
できるだけ早くに、ひきこもり状態から少しずつ抜け出る努力をし始めましょう。

余談になりますが、
「甘え」の研究をしたわたしは、別の面で「不登校は『甘え』」説を聞くたびにがっかりしています。
現代では、「甘え」が悪い意味でのみ使われています。
「甘え」を有効活用できる人は、人間関係が豊かです。
個人主義にとらわれすぎない、日本人古来の「適度な甘え」を活かした人間関係を構築していけたらいいですね。