中高一貫校の英語教科書 NEW TREASURE 専門授業:授業例

家庭教師カウンセラーの「中高一貫校専門授業」のうち、英語・NEW TREASURE の授業例をご案内します。


中高一貫校の英語・定期テスト対策専門授業(教科書『NEW TREASURE(ニュー トレジャー)』テスト対策) 詳細はコチラ↓

by 家庭教師カウンセラー

NEW TREASURE 専門授業:授業例

■授業例:赤点をとってしまっている生徒さん・赤点ギリギリの生徒さんの場合

  • 赤点の方、赤点ギリギリの方は確実な得点を狙いつつ英語以外の学習方法の習得も目指します!
  • 赤点or赤点ギリギリレベルの生徒さんは学習方法において意外な形でつまずいている方も多くいらっしゃいます。英語のみならず国語や数学でも苦労しておられる場合も少なくありません。
  • まず習得すべきは「国語」です。英語のテストに必要な国語の分野の学習も並行しておこないます。
  • 英語で1点でも2点でも確実な得点を目指すために「効率の良い単語のおぼえ方」や「国語と連動した品詞理解」などを伝授します。
  • ある程度の集中力が必要になりますのでそのあたりは体力・精神力をつけて体育会系のノリでお願いします。
    体罰なんてもちろん致しませんが、頭も体も疲弊すると思います。
    今まで使ったことのない脳細胞を使っている感じがするかもしれません。
  • 今までで一番しんどい学習タイムになるかもしれません。でも必ず結果は出るので! 
    諦めずに継続して頑張れるように、和やかで楽しい授業をしていきます! 
    一緒に頑張りましょう。

■授業例:再試・追試を受ける生徒さんの場合

  • 再試・追試対策ももちろん承ります。
  • 再試・追試で特定の点数に達しない場合に何度も再試・追試が繰り返される学校の場合はなんとか少ない回数で済むように一緒に頑張ります。
  • また、できるだけ再試・追試で多く得点して本試験をリカバーできるように対策を立てます。

■授業例:平均点に到達していない生徒さんの場合

  • 平均点に到達していない生徒さんには、確実に得点できる箇所を重点的に、一緒にとことん頑張ります!
  • 過去問を分析して、確実に得点できる箇所をつかみます。
  • もちろん、出題範囲をまんべんなく理解し解答できるようにするのが理想的ですが、まずは平均点を目指すことを最優先にします。
  • 平均点を目指すために、生徒さんのキャパシティによって出題範囲ないでも捨てるところはバッサリ捨てることがあります。
  • NEW TREASURE からの出題箇所よりも文法問題集などからの出題箇所での得点が少ない場合は、「NEW TREASURE専門授業」と銘打ってはいますが、得点のしづらい箇所を重点的に一緒に学習することもございます。
  • いろんな葛藤もあると思いますので、生徒さんや保護者の方と相談しながら具体的な対策を立てます。

■授業例:平均点前後の生徒さんの場合

  • 平均点前後の生徒さんは、過去問分析・基礎がため・精度アップの3点セットで上位を目指します!
  • 平均点前後とれている生徒さんは、わかっているようでわかっていない箇所が意外と多いものです。
    ノートの取り方から問題の解き方までしっかりチェックして、確実な知識と解答方法を身につけていただきます。
  • 文法の基礎がためを並行して行います。
    特に出題範囲の文法はあいまいなところがないようにしっかりとお教えします。
  • このレベルの生徒さんは、とにかく「あいまいな箇所を減らす」ことが最優先です。
    あせらず、しかし真剣に取り組むための応援とアドバイスをします。
  • 平均点をウロウロしがちな生徒さんは、遠慮がちな方、自分のしたいことを後回しにしてしまう方が少なくありません。
    この機会に、わからないところは遠慮なく質問してください。
  • 「もっと点を取りたい!」という気持ちが大事!
    協力しますので根気よくいきましょう。

■授業例:実力テストは取れているのに定期テストはイマイチという生徒さんの場合

  • 実力テストでは上位だけれど定期テストで点がイマイチ、という生徒さんは自信をつけて、原因を見つけてその都度対処します!
  • 実力テストで得点できているということは基礎はしっかりしてるのだと思います。自信を持って!
  • 過去問の出題形式を分析しながら、教科書のさらなる理解と応用問題の得点アップを目指します。
  • 意外なストレスが定期テストの得点を妨害していることも。
    授業崩壊や友達関係、進路のことなどで悩んでいませんか。
  • 心理相談で悩みを軽減し心を落ち着かせることで定期テストに集中できるようになることも多いです。
    お話内容はかたく守秘します。必要があればアドバイスもします。なんでもお話ししてください。

■授業例:不登校・不定期登校・保健室登校状態の生徒さんの場合

  • 不登校中の方、早退・遅刻・欠席など不定期登校をしている方、保健室登校をしている方、さまざまな事情がおありだと思います。
    保護者の方と相談のうえ、丁寧に授業させていただきます。
  • 定期テストをおうちや学校(教室・別室問わず)で受ける準備をします。
  • 学校復帰・教室復帰からの高校受験・大学受験を目指して良い点数をとっておきたいという方、
    転校・編入などを視野に入れテストをしっかり受けておきたいという方、
    単位のためにテストを受けるのが必須という方、
    どんな事情もお聞かせください。
  • 全ての方のご事情に対応できる……というわけではないと思いますが、当方でお役に立てるようでしたらテスト対策に協力します!
  • 不登校中の方のメリット(と言ったら怒られてしまうかもしれませんが)は、自分のペースで思い切り勉強ができるという点。
    しっかり勉強して定期テスト対策しましょう。

「登校チャレンジ」として早朝授業を活用ください

  • 学校復帰や教室復帰を目指す方は、早朝のお時間をご活用ください。
  • 朝、「学校どうしようかな……」とおうちで悶々としていると、ネガティブな気持ちがパワーアップしがちです。
  • 「定期テスト対策授業」を終えてから、思い切って学校に行ってみた!という生徒さんもおられます。
  • 悩んだ末、「やっぱ帰る」と決断されても家庭教師カウンセラーは無理に学校に行かそうとすることはありません。ご安心ください。
  • ただ、生徒さんが「やっぱ帰る」とおっしゃりつつも、もしかしたら後押ししてもらいたい……かな……?と家庭教師カウンセラーが感じたときは、
    「まだ行こうか悩んでる……?」
    「もうちょい一緒に考えよっか……?」
    とちょこっと引き止めたりすることはあるかもしれません。
  • 早朝授業後の「登校チャレンジ」については保護者の方ともしっかり連携させていただきます。
  • 早朝授業を「授業」としてでなく「相談」の時間として活用していただくことも可能です。(相談のうえ決定します)

各授業例はあくまで「例」としてご覧くださいませ。

生徒さんと保護者の方としっかり相談しつつ、個々の目標や対策、および授業内容を共有し、納得していただいたうえで進めさせていただきます。

中高一貫校の英語・定期テスト対策専門授業(教科書『NEW TREASURE(ニュー トレジャー)』テスト対策) 詳細はコチラ↓

by 家庭教師カウンセラー