学校のオンライン授業を効果的に受けるために:すぐできる工夫3つ

学校文化研究所

休校期間にオンライン授業を行う学校が増えてきています。
また、今後はオンライン授業のメリットを活かして積極的に行う学校が増えていくと思われます。

今回は、学校のオンライン授業を効果的に受ける方法をお伝えします。

すぐにできることがほとんどですので、ぜひ実践してみてください。

オンライン授業を効果的に受けるためには

「オンライン授業なんて初めて受ける」という方がほとんどだと思います。

オンライン授業の学習効果を高めるためにはいくつか工夫が要ります。

スマホは手元に置かない

オンライン授業を効果的に受ける方法、ひとつめは「スマホを手元に置かない」ということです。

 気持ちを引き締めて

「スマホを手元に置かない」というのは具体例のひとつです。

もっと言えば「学校の授業と同じように受ける」ことが大事。

スマホはしまって。あるいは別室に置いて。
寝転んだりせず姿勢を正して。
オンライン授業を受けましょう。

オンライン授業の視聴にスマホを使っている場合は別ですが……
後述しますが、オンライン授業はできればスマホでなくタブレットやパソコンで視聴することをおすすめします。

 手元には電子辞書を

手元には、スマホの代わりに電子辞書を置いておくといいでしょう。

辞書を置く理由……それは、オンライン授業の特徴に関係があります。

オンライン授業ですと、直接授業を受けるときより言葉が伝わりづらいです。

学校の先生は「授業のプロ」ですが「しゃべりのプロ」ではありません。
離れた場所から機械を通して音声を伝えるため、聞き取りづらかったり意味が把握しづらかったりすることがあると思います。

「あれ? 先生は今なんて言ったんだろう」
「今の言葉はどういう意味で言ったんだろう」
と思うことが、直接授業を受ける時よりも多くなるでしょう。

 オンライン授業のネックを一石二鳥に!

わからないことがあったとき、すぐ先生に質問することができない……これはオンライン授業のネックのひとつだと思います。
システム上の課題なので、生徒側でもできるだけ対応する努力が必要です。

直接受ける授業でも、聞き取りづらかった言葉を質問しづらいというのは同じかもしれません。

しかし、先生と一緒の空間にいるだけで、雰囲気などから意味を汲み取りやすいのです。

「音が聞き取りづらくなる」という物理的な影響だけでなく、「音声はちゃんと聞こえているけれど言葉の意味を把握しにくくなる」心理的な影響がオンライン授業には現れます。

 先生との関係性も影響する

新学期からオンライン授業が開始されると初対面の先生やこれまで教わったことのない先生が授業を担当することも多いと思います。

慣れ親しんだ先生なら口調や言い回しにも慣れていますよね。
ちょっと意味不明な話をされてもだいたいわかります。
これは「察する」という日本人が秀でている感覚です。

しかし、直接話したことが少ない先生で、さらに画面を通してのオンライン授業ですと、この「察する」ことが難しくなります。

このように、オンライン授業の物理的・心理的影響と先生との関係性が、意味の受け取りづらさにつながり、ひいては授業のわかりにくさに発展してしまう可能性があります。

このような影響への対策のひとつとして、辞書や電子辞書ですぐに言葉の意味を調べられるようにしておくと良いと思います。

オンライン授業のネックを「授業もわかりやすくなるし言葉の意味も知ることができる」と変換できれば、一石二鳥ですね。

ノートにメモを取って後で質問するのもいいですね。

ノートの取り方を工夫する

ノートの取り方を工夫するのも、オンライン授業を効果的に受けるためには非常に大切なことです。

 オンライン授業は双方向のリアル感が大事

オンライン授業は生徒がリアル感を抱いて受けることが大事です。

テレビと同じような感覚でまるっきり受け身で授業を受けるのと、生徒側ができるだけ積極的に授業と関わっていこうとするのでは、授業内容が身につく度合いがまったく違います……

……といっても、これはオンラインでなく直接受ける授業でも同じことが言えるのですけれども。

なので、これからお伝えすることはぜひ直接受ける授業でも実践してみてほしいです。

 メモを書く欄を用意する

ただ授業を見聞きして板書をそのままノートに取るだけでは授業に対してまだまだ消極的です。

能動的・積極的に授業を受けるために、具体的には、先生の言ったことや書いたことをそのまま鵜呑みにしないようにしましょう。
……というと語弊があるかもしれませんが(・_・;

能動的・積極的に先生の話を聞いていると、自然といろんなことを感じ考えると思います。

浮かんできた質問や疑問をどんどんノートに書いていきましょう。

ノートの右側1/4くらいのスペースを、「感じたこと・考えたこと」欄にすると良いと思います。

ノートが単なる「板書のコピー」にならないようにしましょう。

大きい画面で視聴する

さて、オンライン授業を効果的に受ける方法の最後は「大きい画面で視聴すること」です。

これが、オンラインでの受講において一番大事だと思っています。

 学校からのお知らせに「スマホ可」とあっても……

家庭教師カウンセラーとして、いくつかの学校の「オンライン授業のお知らせ」を見聞きさせていただきました。

ほぼすべての学校で、オンライン授業のツールとして「パソコン、タブレット、スマホなどを準備してください」と通達しています。

「パソコン、タブレット、スマホ」のうち。おそらくどの家にもある可能性が一番高いのがスマホだと思います。
オンライン授業には「スマホを使う」というご家庭も多いでしょう。

けれども、オンライン授業はできるだけ大きな画面で視聴することをおすすめします。

 画面操作せず視聴し続けられるように

スマホのように画面が小さいと、板書の文字が見えづらくなる可能性があります。

そんなときには画面を操作して拡大します。
……手間がかかります。
あるいは、「見えないからいいや」「なんかめんどくさくなってきた」などと、授業へのモチベーションが低くなってしまうかもしれません……それは避けたいところです。

画面を操作することなく視聴を続けられると、手間が減ります。
そのぶん授業に集中できますね。
授業から気がそれず、モチベーションも維持しやすくなるでしょう。

 画面が大きいと心理的な効果も!

授業をする先生もスマホで授業を受ける生徒さんたちのことを考慮してくださるとは思いますが、小さい画面画面ですと文字だけでなく先生も小さく見えます。

先生や黒板(あるいはパワーポイントの画面など)がバーンと大きく見えるほうが、よりリアルな感じがして集中度は高まるでしょう。

よっぽど先生をナメているなどということがなければ、画面が大きい方が心理的な効果があります。

オンライン授業はできるだけタブレットやパソコンなどの大きい画面で視聴してみてください。

以上、「オンライン授業を効果的に受ける工夫」をお伝えしました。

オンライン授業を受けるときに大事なこと
  • 学校にいるつもりで受ける
  • ノートにメモ書きする
  • 大きめの画面で視聴する
ミナコ先生
ミナコ先生

ま、堅苦しい感じで言っちゃいましたけど、
オンライン授業なんてたいていの学校では
先生側の生徒さん側も
「初めて!」なわけですから。


肩の力抜いて、
まずは楽しんで!

画像:DevanathによるPixabayからの画像

タイトルとURLをコピーしました